メタラーの逆襲

雑記系メタラーがエモいことを発信するブログ

2019年に発表されたロックバンドの曲ベスト10

そろそろ2019年も終わるということで、

今年リリースされた曲の中から10曲選んで、

ランキング形式で発表したいと思います

 

ルールとしては、

・今年MVが公開された曲

・年内に出された新曲である

・バンド形態のモノ

・1バンドにつき1曲

・個人的なお気に入りの中から選ぶ

です。

 

それではさっそく紹介していきます。

 

 

10位


Saucy Dog「雀ノ欠伸」Music Video -徒然草 序段の再解釈-

 

まずは今年飛躍の1年となったサウシードッグからの1曲。

サントリーの企画で出た曲です。

全体的にレベルの高いリリースが続きましたが、

曲の良さに対してバンドの規模は大きくなった感じがしません。

これはすでにファンがにわかを拒む雰囲気を作っているからかも。

こないだ出した曲のコメント欄は殺伐としていましたね。

さすがにそういうところを対策しないとテレビに出ても効果は薄いと思います。

出演シーンはよかったんですけどね。

 

9位


9mm Parabellum Bullet - 夏が続くから

 

イントロの意外性よ。

ラテン系のノリで始まる。

どこか抜けない声も面白いポイントですが、

歌詞のフレーズもらしさが詰まっていると思います。

 

ギターソロの感じはかなり個性的だなと思いました。

私だったら違う長さの音符の取り方にしていただろうな、

と思うような音の伸ばし方ですが、複数通り解があるのでしょう。

この曲の場合それでやってもぴったりはまっているからすごい。

さすが一流のバンドだと思いました。

 

8位


サカナクション / モス

 

忘れられないのと悩みましたが、今回はこちら。

ルパンの娘の主題歌でした。

個人的に押したいのはリフとサビの裏でなっているシンセの音色。

この2か所が音楽的には面白いかなと思います。

MVに関しても話題を呼んだし、アルバムについてもゲリラライブについても

話題になりました。話題作りがずば抜けてうまいと思います。

次の作品も楽しみです。

 

7位


サザンオールスターズ – 愛はスローにちょっとずつ(Full ver.)

 

サザンはノーマークだった。

ベテランすぎるもん。まさか主題歌で当ててくるとは・・・

さすがの歴ですし、名曲中の名曲。

間奏がソロになっているのもベテランっぽくて好き。

ドラマの主題歌は良い感じのものが多いですね。

 

6位


mol-74 Teenager MUSIC VIDEO

 

今年メジャーデビューしたモルカルより、新曲のMV

賛否ありそうだけど、個人的には好き。

%と同じ系統かもしれないけど、しいて言うなら歌詞の雰囲気が

メジャーになってからのものだと思う。

ソロがあったことも意外だった。今までのはソロとかなかったし。

ここからタイアップとかをつけていけば確実に売れると思う。

ライブも行きやすそうなのでぜひ。

 

5位


climbgrow「THIS IS」Music Video

 

しゃがれた声なんだけどバッキングがちゃきちゃきしてて面白い。

なんか混乱する魔法を食らったみたいな音してるもん。

この系統のバンドは男らしい感じなんだけど渋さとか軽快さも持ち合わせていて、

複合技?を繰り出してくるから面白い。

間奏のリフとかはもろに歪んでいるし。ソロも16あるからとても面白い。

長いソロのほうがやっぱりカッコいい。

 

4位


クレナズム『花弁』Music Video

 

急に入り込んできた1曲。

まだ情報があまりないけど、個人的には面白いと思います。

こういう面白いのを継続的に出してくれたらいいな。

ひとバンド1曲で、枠に入れるバンドを悩んだので、

折角だから皆が知らなそうなバンドを、と思って入れました。

 

3位


indigo la End「通り恋」

 

さすがですね。

スルメ曲というやつだと思います。

最初はよさが分からないけど聞くうちによく感じる。

そういうタイプですね。

シンプルなんだけど、リードのインディゴ感がすごく個性的。

ジェニーハイとかも良かったけどね。

今回はインディゴからでした。

 

2位


なきごと / ユーモラル討論会 MV

 

最も売れてほしいバンドです。

個人的に楽器の主張が強いバンドは好きなので。

シンプルなバンドも好きだけどね、ケセラとか惑星ごっこみたいなのも。

だけど、ここは久しぶりに理想としているタイプのバンドで

ドンピシャなのでこのサイトで紹介したいと思います。

幅広い曲が書けるので、カラーの豊かさで楽しむこともできるし、

トリッキーなフレーズも味わえる。すごいです。

 

1位


緑黄色社会 『sabotage』(TBS系火曜ドラマ『G線上のあなたと私』主題歌)-奏でた音の行方 vol.2-

 

さすがに圧倒的に良すぎた。

たしかにヒゲダンはすごかった。

だけどこの曲を前にしたら事情は違う。

リョクシャカの代表曲を更新するすさまじいポップソング。

今年1位は間違いなくこの曲です。

最初はサカナが独走するかなと思ったけど、そうじゃなかった。

 

こういう曲は書きたくても書けない。

パートごとのつなぎ方や各楽器の主張度合い、

構成的な面や盛り上がり方、ライブでの使われ方

を考えると相当レベルの高い曲。

 

とくにサビのドラムがすごい。

ためてためて焦らしてからの

一気に開ける感。

 

しかも、ボーカルも一番オイシイところが出せている。

完璧な一曲。これが作れたら一生プロでやっていけます。

そのくらい衝撃的だった。

この曲にあって音楽の好みが変わったくらいです。

このまま頑張ってほしいです

 

というわけで2019年の象徴的な10曲をあげました。

残念ながら入らなかった曲もありますが、

そちらもまた別の企画で書こうかなと思います。

 

それではまた。

なぜ・・・?最近伸びているバンド

今回はこれ。

ちょっと厳し目の書き方ですが、批判とかではないです。

どちらかというと、特段悪くはないけど

売れた理由が分からない系のバンドっていますよね。

ああいうのについての記事です。

 

それではさっそく見ていきたいと思います。

 


ヤユヨ「さよなら前夜」MV

 

初のMVが公開から2週間で14万再生ですって。

不自然な伸び方というか。跳ね方だとは思いますが。

曲はまあ力の抜けた感じですね。

キャッチーだし、どちらかと言えばいい感じ。

 

ファッションも旧時代的な部分と新感覚のハイブリッド。

新しい要素もありそうな気がします。

 

ただ、疑問が残る。

(よほど曲がイイなら別ですが)

さすがに知名度のあるようなバンドでもこんなに

MVが跳ねたりはしないです。

地下室タイムズのずとまよの記事を見てくれればわかると思います。

basement-times.com

 

参考までに。どちらも名曲だと思いますが、

この前出たMVの再生回数です。

9mmは4ヶ月で11万回。


9mm Parabellum Bullet - 夏が続くから

ベボベが3ヶ月で48万。

ということは月に16万。

2週間で8万です。


Base Ball Bear - いまは僕の目を見て

 

初めてMVを出すバンドが

9mmやベボベを差し押さえてここまで伸びるか・・・?

 

ジャンルが違うし何とも言えないけど、

知名度とかから考えても違和感がすごい。

 

ただ、最大限考慮すると。

バンド名で引っかかった人が曲名から何かを感じてクリックした。

MVを出す前からのファンがアツかった。

有名人に紹介された(実際マカロニえんぴつのボーカルからされてるっぽい)

サムネがよかった。

こんな感じだろうか。

 

100歩譲って再生回数の異常な伸びはまあ分かる。

でも、そこまで再生されるほどの曲かなぁ?

悪くはないですよ。ただ、こういう曲にしては伸びすぎだよなぁと。

 

うーん。。。

こういう音楽性のバンドってどこの地域にでもいますけどね。

そういうのに比べると、とびぬけた魅力までは感じなかったかな。

まあ他と同じレベルでしょう。

曲に関して大きな粗はないですが、聴きどころもわからない。

たまたま知り合いだったからとか、そういう応援理由ならわかりますけどね。

ジャンル問わなければもっといいバンドが各地にたくさん埋もれているので、

有名人もそういうのを紹介したらいいのにと思います。

 

何がそんなに良かったからこんなに再生されてるんだろう。

この曲が好きな人はどこに良さを感じたんだろう。

なんだか尋ねてみたくなりますね。

はたしてここから革命は起こるんでしょうか。

頭にはてなマークが浮かび続けます。

 

tommetal.hatenablog.com

 

 

 

tommetal.hatenablog.com

tommetal.hatenablog.com

tommetal.hatenablog.com

tommetal.hatenablog.com

tommetal.hatenablog.com

 

バンアパとか初期キートークが好きな人に

今回はこれ!

音量注意。


Drops (MV) / the quiet room

 

どうですかね。

個人的には初期のキートークと近いものを感じます。

 

メンバーの入れ替わりが多いのによく

すねないでここまでこれたなと思います。

 

メチャクチャ大変だったろうな。。。

 

こういうひねくれてない素直な感じは好きです。

当時の粗削りな感じも結構好き。

今は今でレベルが上がってますし。

 

サビの裏声の入れ方もセンスを感じます。

Bメロのコーラスもいいですね。

 

試しに聴いてみてください。

ハイセンスなバンド

今回はこれ!


ズカイ - 暇じゃない

 

とてもいい曲だと思います。

雰囲気もありますね。

 

透き通るような感じです。

リフもいい味があるし、間奏もコーラスもいい。

パーフェクトだと思います。

 

対バンにYAJICO GIRLを呼べるってことは相当いいバンドなんだと思います。

結構良いバンドと対バンしてるみたいですね。

ライブハウスに出ても目立つと思いますし。

異彩を放ってるんじゃないでしょうか。

 

気になりますね。

注目しておくといいかもしれません。

それでは。

 

tommetal.hatenablog.com

 

メタルのベースが聞こえないのはなぜか?

こんにちは。

以前書いたこの記事に関してなんですが

 

tommetal.hatenablog.com

 

普通の音響で普通の聴き方をしている場合を想定していたんですが・・・

 

飛行機の中でベースが聞こえないのはなぜかとか、

メタルのベースが聞こえないのはなぜか、といった

トリッキーな質問がたくさん来ているので

ちょっと申し訳ないなと思いました。

 

飛行機のは単に気圧の問題です。

なんなら味覚だって気圧が変われば変わります。

 

なので、メタルのベースが聞こえないのはなぜかについて答えたいと思います。

 

 

・そもそもメタルでベースはどのような役割なのか?

ここから始める必要があります。

 

まずはJ-POPとの違いを理解するために、ポップスを解説します。

こちらも先ほどの記事

 

tommetal.hatenablog.com

 

を見てほしいんですが、

割とベースラインは動いていると思います。

 

ポップスやロックにおけるベースは普通にルートを弾いて

コードを支えたり引き立たせたりするのも仕事ですが、

べつにオブリを入れたりしてもいいですし、

間奏で自由にやっても許されます。

 

基本的にポップスもロックもコードを大事にするので、

コードの構成音+αくらいならフレーズを動かしてもいいのです。

 

だから変態的な人が現れやすいのです。

 

それに対してメタルですが、

基本的にメタルでギターがコードをじゃかじゃかしたりすることはありません。

ズクズク刻んだりパワーコードを弾いたりします。

音の明暗を左右する3度の音などは省かれていますし、

仮に3和音的にするとしても1・5・8で弾くので

そもそもコードを支えたりする、というのがされません。

 

となるとベースは弾く音に困るわけです。

メタルにおけるベースの役割はコードを立たせることやさせることではなく、

脳筋的に低音を確保する。この1点に終始するのです。

基本的にメタルのベースはルートを弾くかギターリフとユニゾンするか

その2択になります。

基本的にメタルのベースは特別なことがない限りルート以外を弾いちゃいけない、

という暗黙の了解みたいなのがあります。

もちろん外れてもいいはずなんですが、あんまりチャレンジする人がいません。

メタルはテンポも速いし、フレーズが難しいのでミスりやすいです。

わざわざ自分のフレーズを難しくしたくないですよね。

むしろTaijiみたいな方がレアです。

 

そうすると基本的にギターと同じフレーズを弾いていることになるし、

キーボートとかと絡んだり歌と絡んだりもしないのでシンプルになります。

これが聴き取りづらさの一つの要因です。

 

そして、メタルというジャンルにも理由があります。

メタルはポップスやロックに比べてギター至上主義、テクニック至上主義です。

ボーカルはシャウトするし、ギターはテクニカルなソロを弾くし、

ドラムはツーバスどこどこです。

おまけにキーボードがいる場合は高音から低音までやられてしまいます。

音域が残っていないし、ベースまで暴れたら曲が破綻します。

ベーシストはメタル最後の良心なのです。

彼らがいなければ曲はまとまらんのです。

 

ベースの音というのはミックスやマスタリングの段階でも

気をつけないと割れてしまうし。

音量をもっと出したいんですけど、出しすぎると割れちゃうから

下げざるを得ないんですよね。

 

ポップスだったらギターが下げられているし、

ロックだったら音域がかぶらないように

セクションごとに細かく考えられています。

ただ、メタルはギターを下げるわけにはいかないし、

ほかをさげるわけでもないので、仕方ない部分はあります。

 

あとは単にほかのパートが目立つから聴きにくいというのもありますし、

テンポが速いからスラップとかを入れる間もないです。

メタルでスラップする人は何故か嫌われやすいです。

何でか知らないけどメタラーはスラップの音が苦手な人が多いです。

 

ここまでつらつらと書いてきましたが、ここまでは音楽性のはなし。

メタル系のバンドではベースを好まない人がいるのも大きいです。

 

メタリカやXはなかなか聞こえない位にベースの音が下げられている、

なんていう話も有名ですし、イングヴェイもベーシストの主張を嫌います。

こういうジャンル特有の要因が多いと思います。

 

なんかこう書くとメタルに問題があるように感じますが、

多分本当に色々と問題があると思いますw

 

そうはいってもいいベーシストもいますし、

ちゃんとベースを尊重するバンドがいるのでそういうのを聴いてみたら

いいんじゃないかな。

ギターが一人の4人組バンドは比較的ベースも出てきます。

 

まあいろいろと聴いてみてください。

それでは。

忘れられる音楽と思い出してもらえる音楽

こんにちは。

当サイトでは、MV紹介をしているので、

タグを設けているんだけど、久しぶりに見返してみた。

 

そうしたら、当時の自分が聴いていた曲とかが

出てきたので、「こんなかんじだったか~」みたいになって

面白いなと思う。

 

それで思ったんだけど、

2か月前にはまってた曲ですら思い出せないですね。

多分こうやって記録をつけてなかったら思い出せなかったであろう

曲たちがたくさん出てきました。

 

気に入って聴いていてもこうなるんだから本当に恐ろしいものだなと思いました。

バンドは最近頭を使った曲が多くなってきたなと思うけど、

たぶんそういうやり方じゃ残らないと思う。

 

忘れられる曲って打算的な気がするんですよね。

おいてるなって。

 

今度近いうちに今年のベスト楽曲を発表したいと思いますが、

こういう曲ってやっぱ迫力が違う。

バンドで演奏されたときの圧が違うっていうか。

 

最近だとリョクシャカを聴いているけど、

やっぱりどの曲も聴いたことがあるんですよね。

意識せずとも記憶するくらいの圧があった。

 

それに対して、最近のバンドは狙ったのが多いんでね。

30くらいのバンドに多いと思います。

 

せっかくだから今度考察もしますが、

思い出してもらえる曲を作ってほしいなと思います。

それでは。

なかなかいい

こんにちは。

今回はこれ。

 


クレナズム『花弁』Music Video

 

懐かしくてどこか儚い、そんな感じの曲。

シューゲの良さが詰まった1曲だと思う。

桜が咲く前にと似ているというコメントもあったけど、

これはセーフな部類だと思う。

 

実際に曲を作っている人からしてもこのくらいならセーフだと思います。

多少意識しているのかなという部分は感じるけど、

自分たちだったらこうする、という工夫がみられるのでいいと思います。

 

結成から間もないみたいなので、

これから徐々に名前を聞くことになると思います。

 

はやめに注目しておくといいかもしれません。

それでは。