メタラーの逆襲

雑記系メタラーがエモいことを発信するブログ

バンドが売れないこんな世の中じゃ

最近バンド系の音楽の様子がおかしい。ちょっと思い浮かべてほしいんだけど、映画『君の名は。』でRADWIMPS前前前世が流行ってから、ロックバンドの曲で世間一般まで届いた曲がない。あれ2016年の曲だから、二年以上ヒットが出ていないことになる。

www.youtube.com

「別に俺バンド興味ないしー」

「時代はDJっしょ」

「YO メーン」

というそこのあなた、ちょっと待ってほしい。

確かにバンドは最近流行ってないけど、なんでこうなっているのかをしっかり理解しないと、他のジャンルもこうなってしまう。

だからなんでこうなっているのか、そしてどうやったらバンドが再び流行るのかを考えていきたいと思う。

・バンド、何を聴いたらいいかわからない問題

世の中の中学生、高校生が音楽を聴きたいと思ったときどうするかは皆さんすでにお分かりだろう。そう、Youtubeである。大人にとっては「なんでも無料で聴けるようになっていい時代だなー」と思う便利さかもしれないが、音楽をほとんど聴いたことのない中高生の彼らにとって、「この情報の海の中から好きな音楽を探し当てろ」というのはいささか酷だ。だからみんなテレビでかかってる流行りの曲を聴くし、友達がカラオケで歌っていた曲を好きになる。

「好きな音楽は自分で探すもの!」などと言っている大人も多いが、それは若者にとって不親切すぎるし、だから音楽が売れない。より正確に言うと、売れるのは特定のアイドルの曲くらいだ。それは、アイドルにはレギュラー番組があったり、SNSの使い方がうまくて、届きそうで届かない距離感を演出できているからだろう。コンテンツの多さはそれだけで武器になる。

・バンドコンテンツ少なすぎ問題

それに加えて、最近フェスの勢いが弱まってる気がする、数は毎年増えていってるのにもかかわらず。個人的な印象だと2012年ごろからフェスうけする4つ打ち系のバンドが台頭してきて2014年あたりにはバンドの勢いって(似た系統のバンドは多かった気もするけど)すごい出ていたと思う。

売れていて人気があるバンドといえば、

www.youtube.com

や、

www.youtube.com

があげられると思う。

そしてここ数年、こういったフェスの常連みたいなバンドは成長し続けているんだけど、この勢いに追いついてこられる若手のバンドが出てこなくなっている。

それには大きな理由が二つある。

ひとつには、シーンを作れていないことがあげられる。

これはどういうことかというと、ファンの共有やイベントを盛り上げることがいまいちできていないっていうこと。4つ打ち系、といった明確なブームが去っていきつつあり、まだそれに代わる勢力が出てきていないのだ。

最近でここらへんがうまいのはナインスアポロ系くらいか。

もっと売れたいならバンドマンはどうしたらブームを作れるのか考えないといけない。

具体策としては、似たようなジャンルでMVを出してるバンドが5バンドくらい集まって、まとめサイトなどでイベントを周知させる、というのがあると思う。これにSNSで拡散されそうなアイデア(ツイートで紹介したらチケット代割引するとか音源をプレゼントするなど)を絡めたら、そういうジャンルが好きな人を中心に広まっていく気がする。

二つ目の理由としてあげられるのはコンテンツの少なさ。

ここまでで何回も言っているので分かってくれた人もいるかと思うけど、コンテンツ量がバンドの今後を分けると思う。

基本的にバンドのリリースって一年以上空くし、二、三年かかるなんてことはザラにある。これって中学に入った子が卒業するくらいの時間だよ?ってことを考えれば、バンドが人気でない理由も少し伝わったと思う。新曲が出なさすぎるとどうしても人間飽きてしまうのだ。プロとして地位を確立したバンドならまだ許されるけど、バンドだけで食っていけないバンドはどんどん新曲を作るべき。それこそ一日に一曲つくれば年間365曲はできるでしょう。プロは没も含めれば一日3曲とか作ってるんですよ。たくさん作ることで作品ひとつひとつの質も上がっていくんですよね。

バンドにはどんどん新曲を作ってもらいたいし、ぜひそれをMVにして公開してほしい。最近売れてるバンドってやっぱりMVをたくさん作ってます。これはどのバンドもそう。忘れられないため、そして飽きられないために必死に頭を使って行動してる。

 

バンドが好きだからまだまだ流行っていってほしいです。それでは