メタラーの逆襲

雑記系メタラーがエモいことを発信するブログ

移動時間はマジで無駄だから1時間以上の通勤通学をできるだけ廃止するべき

こんにちは。昨今テレワークという言葉をやたらと聞くようになってきましたね。

これは自宅とか共同オフィスとかでパソコン・タブレットを使って仕事をしようとする取り組みのことです。

だって、会議だって打ち合わせだって今は遠隔でビデオ通話のほうが効率的だしリラックスできるじゃないですか。それにパソコンがあるので必要なデータはおしゃれなカフェでササっと作って送信ボタン一つ押すだけでいいんです。

こんな感じで今回は通学・通勤時間はできるだけ短くしようという話なんですが、そうするとどういうメリットが起こるか解説していきます。

・移動に使う無駄な時間が無くなる

これはマジで大きいと思います。みんな平気な顔で(いや、ほんとは避けたいものなのも知っていますがこの生活スタイルに疑問を持ったりせずに過ごしてることを言ってます)満員電車に乗ってるじゃないですか。こういうのってどうかと思いませんか?会社や学校についた時にはみんなくたくたになっているようでは生産性は上がらないです。今の時代予備校や一部の高校などがネット授業を駆使していると話題になっていますが少しはこういうのを見習ったほうがいい。もし電車にうるさい高校生とかが乗ってなかったらだいぶ快適に移動できるようになりますよ。それだけでなく高校生とか予備校生は移動の時間を奪われずに済むしその時間をスポーツなり友人との会話だったり好きなことの勉強に使えるようになるわけです。当然学力も上がるし教師は授業を使いまわせるので自分の研究に力を入れられるようになる。なんでちょっとネットでやればいいようなことをいちいち対面でやろうとするのかが理解できません。絶対トラブルも減りますよね。だいたいのトラブルなんて対人関係の中で起こるんですから。それに最近ニュースなどでよく見かける光景ではありますが、地震や豪雨などに見舞われているのに何とかして出社しようとしている人たちっていますよね。なんでみんなこういう生活に疑問を持たないんでしょうか。自然災害のすごいときに外に出て行動をするのってすごく危険だし、どうせ周りの人だって混乱状況にあるので大して仕事らしい仕事もできません。こういう時は自分の身や家族の安全のほうに気を使って十分に休養を取るべきなのではないでしょうか。だいたい今の日本で何か月も壊滅状態になるなんてまずないですしそういう状態になってたら皆諦めるので、まずは数日間自分が安心して行動できるように心身をととのえてから仕事に復帰すべきではないでしょうか。混乱状態で通勤通学をしようとするのはおかしいです。

・効率も生産性も上がって社会全体で生み出される価値の総量が上がる

これは大きい。

さっきも書きましたが移動の時間が無くなることでその時間を好きなことに使えるようになりますね。こうするとみんなが自分に向き合う時間も増えるわけです。そうするうちに自分がやりたいこととやりたくないことは何だろうって考えるようになります。ここでこれからやってくる、いや、すでにやってきつつあるAI時代がかかわってくるんです。AIが人々の仕事をとってかわるなんて言われてますが、どういう人がかわられていくかというとだいたい3種類の人たちがこの被害(?)にあいます。

まずは

・単純労働をしている人

これが我々にとって一番イメージしやすいんじゃないでしょうか。

機械が得意なのはこういうジャンルの仕事だと思っている人も多そうではありますね。

ここからは意外なものになっていくと思いますが、

・必要がない人

これってどういう人?ってなるかもしれません。イメージがわかない人のためにちょっとした例を挙げてみていきましょう。

例えばですが座ってるだけで仕事が成り立ってしまうような仕事ってありますよね。あるいは本来人数が足りてるのに会社に雇用されているような人とかもいます。お茶を入れる人が何人もいたり、受付の人数が多かったり、社内ニートみたいになっていたり、する必要がないのに残業代が欲しかったり周りの目が気になって帰らない人だったり。

こういう人たちってお金をもらってはいますが仕事はないんですよ。こういう人って仕事はしていないんです。無駄に自分の時間を使っているし、無駄に周りにお金を使わせている。簡単に言ってしまえば専門性も独自性も面白味もないのでAIがもっと広まっていくうちに切り捨てられていくでしょうね。(AIがなくてもいなくなりそうではあるけど)

・そこそこの専門的な知識があり単位時間当たりの給料が多い人

これが一番わかりづらい存在かもしれません。

このタイプの人たちはまあまあ有名な、そして割と難しい資格を取得していて供給過多であり、平均的に年収が高いとされている人たちのことです。

コンピューターを導入するならここが一番いいんじゃないかな。だって単価が高いんだもん。それだったら最初にある程度お金をかけてでも機械を導入していったほうがコストが下がります。もうあとはわかりますね。

こんな感じでどんどん仕事が変化していくんですよ。

じゃあこれからの時代どういう職業が生き残っていけるかというと、人の感情を揺さぶるような職業ですね。

例えばですが、アスリートとかミュージシャンとかインフルエンサーとか。

こういう人たちって自分の好きなことを仕事にしているんですよね(逆に言うとこういう仕事は自分が好きだからやっていけるような職業だと思います)。機械がボールけってたってほとんどの人は何にも面白さを感じられないと思います。機械が人間的に音楽表現をしようとしたって、やはり無理があります。つまりこういう職業はなくならない。みんなが人をワクワクさせる仕事をすれば当然そこにお金は使われるわけです。社会全体で生み出される価値も増えると。経済は回るしみんなワクワクしていいことが多いですね。

ここで注目してほしいんですが、「好き」を極めると仕事になるということ。多くの人は目先のことにとらわれた生活しか遅れていないので好きなことを見つけるなんてできていないと思いますが、無駄な移動時間をなくせば自分が何に興味あるのかをさがす余裕が生まれるようになりますし、ここでうまく見つけることができたら自分の好きなことに向き合えるようになるよと言ってるんです。だからできる限り無駄な移動時間を無くし、発信力をつける必要がある。発信力を得るためにはネットに詳しくなっていく必要がある。

ここら辺を怪しいと思って警戒しすぎてる人や面倒だなと思っている人はネットに入っていくのがどんどん遅くなる。遅くなればなるほど賢い人に搾取されるし騙されるようになる。単純に言えば大損こくようになるんです。これが嫌ならすこしでも無駄な時間を減らしていきましょう。

頑張っているのになんか報われないんだよ!という人はこちらのほうを参考にしてみてください。

tommetal.hatenablog.com

ぜひみんなに好きなことをやる時間を作ってもらいたいと思います。

 

そして、

・充実感や幸福感を得られるようになる。

満員電車を避けると時間が増えるよという話はしましたがそれだけではない。体力やストレスにも影響が出るんですね。満員電車に乗って元気がみなぎる人なんかいないと思いますが、やっぱり移動時間を減らすことは体力を温存することにつながります。ストレスだってなくなります。人間やっぱりこういうものなんですね。

さらにさっきも書いた通り自分のしたいことが分かるようになってくると毎日がすごくワクワクする楽しいものになりますよ。

人間本来子供のころはみんな時間を忘れて夢中になって遊んだりした経験があるはずです。この頃の気持ちは忘れちゃいけないものだと思います。

 

今日はいろいろと書きましたがまとめると、

移動時間を減らして自分の好きなことをやろう!

っていうことです。色々と生活を見直す助けになれればいいなと思っています。それでは。