メタラーの逆襲

雑記系メタラーがエモいことを発信するブログ

メタル復権は可能なのか?メタルの今後の在り方について

こんにちは。私は以前からメタラーであるということを言っていますが、正直に言うとメタルは世間の人から誤解されまくっているし、ほとんど興味を持たれていません。

昨今メタル復権なるワードをたくさん聞くようになってきましたが、本当にそれは可能なのかを考えていきたいと思います。

メタラーは世間の人からどう思われているか

これは非常にシンプル。メタルはうるさいし危険だし気持ち悪い。近寄ってはいけない。そういう風に思われています。メタラーにとってはつらい現実かもしれませんが、私は実際に何人もの人々にきいて回ったことがあります。みんな邦楽ロックは聞いているのになぜかメタルは聞かれない。これはなんでなんだろうか。すごく考えました。

その結果わかったことがこちらです。

・メタルに関する正しい情報を得られるところがない

メタラーにとっては盲点かもしれません。だって、自分がすでにメタルの情報をある程度得てしまっているんだもん。でもよく考えてみてください。日本の音楽番組にメタル音楽をやっている人が出演することはまずありません。なんでかというと、そもそもメタルバンドの絶対数が少ないしテレビ的にいろいろとまずいからです。どうまずいかは簡単にわかると思います。暴れる印象があるし、特に人気もないので視聴率が取れないからですね。こうなってくるとメタルバンドはバラエティーなどで造られたイメージを払拭する機会も与えられずに、ますます人が離れていくことになります。

ではどうすればいいのか。これにはいろいろあると思いますがひとつずつ見ていきましょう。

メタラーは見た目を変える

これもメタラーにとっては無い視点かもしれません。メタラーはストレートロン毛という固定観念をもっているのです。だけどちょっと考えてみてください。街中とかでロン毛のひょろひょろのおっさんがいたとして、道を尋ねることができますか?できるあなたはよほどのチャレンジャーです。正直メタラー同士でもきついんじゃないかなと思います。バンドをやるならあまり短すぎても見栄えがないしダサくなってしまうけど、清潔感を忘れないような見た目を心掛けないと絶対に一般層まで入り込めません。メタルの良さを分かってほしいならこちらから歩み寄る必要があるのです。

・MVをつくる

メタラーロック系のミュージシャンの中でも硬派な部類だと思います。だからか知らないけど全然MVを公開しません。よくShort ver.とかっていうかんじでちょいだししているバンドがありますがあんなの効果はほとんどないです。公開するならフルバージョンで。さわやかな感じで親しみを持てるようにしないと先細りして衰退していきますからね。

・学生さんを取り込む

新しい音楽を好きになるひとってどんな人だかわかりますか?そうですね、若い人です。人間は大人になるにつれて音楽の趣味とかが固まってきます。基本的に音楽の趣味が大きく変わることってないんですね。それもより柔らかくなる方向に趣味が広がることはそれなりにありますが激しくなる方向に行く人ってほとんど見たことがありません。失恋とかで少し感覚が普段と違う状況になってるとか。恋人の影響だとか。せいぜいそのくらいですよ。だとしたら新しく音楽を聴く余地のある若い人を取り込むのが賢いやり方ですね。だからSNSで面白いことを言ってるけど実はメタラーだよ、とかライブをやるけど中高生は無料で聴けるよとか、あるいはライブ映像を公開してあんまり危険じゃないライブだよ。友達も増えるし楽しい雰囲気だよ。ってことをちょっとずつイメージづけていく必要があると思います。

 

そもそもヒット曲とかのバッキングフレーズを聴いてると結構メタルっぽいフレーズは多いんで可能性は十分あると思います。

メタラーは清潔感あって親しみやすい存在になることを心掛けてほしいと思います。

 

いいメタルバンドとかがいたら(あるいは他のジャンルのバンドでも)どんどん教えてほしいです。自薦他薦は問いません。このサイトでもいいバンドはたくさん取り上げていきたいなと思っています。

それでは、ステイメタル!

 

 

tommetal.hatenablog.com

tommetal.hatenablog.com

tommetal.hatenablog.com