メタラーの逆襲

雑記系メタラーがエモいことを発信するブログ

音楽の需要ってどこにあるんだろう?

最近驚いたことがあった。周囲にいる人はほとんど音楽を聴いていなかったのだ。ほとんどの人はCDを買ったことがないし、なんだか怪しいアプリとかを使っていた。音楽漬けといってもいいような生活を送っている私にとってそれは信じがたい事実だった。

別にそれを否定しているわけではない。各々の自由だし。

ただ本当にだれも音楽を聴いていない。

まあ今の時代のことだ。Youtubeを開けばだいたいの好きな曲は聞ける時代になっている。だからみんな自分でいろいろ探しているんじゃないかなんて甘いことを思っていた。バンドマンの皆さん、思ったより事態は深刻だと思いますよ。

そもそもなんだけど、音楽を聴いて感動できる人とそうでない人がいるらしい。これは脳の働きが人それぞれ異なっているから起こる。まあここまではわかるんだけどね。

最近の人ってみんなスマホのアプリとかやってるでしょ?みんな全然音楽を聴こうとしないんですよね。

別にアプリはアプリでいいと思うよ。ただね、こっちも思うことはあって。

自分にとって音楽とかアートとかは人生を豊かにするものだとおもっている。自分で楽器を弾かない人も絵をかかない人もちょっとくらいそういうものに触れているのではないかと思っていたけどどうやらそうではないらしい。

音楽とスマホのアプリで比べたときに分かりやすいのはアプリのほうだ。アップデートもアプリのほうが多い。じゃあ一体音楽にはどんな魅力があるのか。そこで思い浮かんだ答えはどれだけ長く楽しめるかの部分だった。

皆さん少し想像してほしいんですけど、ずっと自分がお爺さんおばあさんになったときまでスマホの課金ゲームとかアプリをやっている姿が浮かびましたか?多分浮かばないと思います。

それに対して音楽っていうのは結構長いこと楽しもうと思えば楽しめるコンテンツだと思うんですよね。

そういう意味ではすごく音楽っていいと思うんですけどね。

そうは言ってもなかなか興味をもってもらえないという現状があるんですよね。

これは困ったなという感じがするんですが、それに加えて最近は全然新人バンドが出てこないんじゃないかなと思います。音楽を聴く人もいなければ音楽をする人もいないのかという感じになってきてます。もっと勢いのあるバンドが出てきてくれればいいんだけど2017年からはこれと言ってブームも感じないし勢いのあるバンドも見ないなーと。

音楽番組もないしCDも売れない。ライブチケットは転売がすごすぎて文化の担い手である若者たちが入手するのはすでに困難。

これも音楽離れを加速させる一因になっている。有名な人の言葉を借りるなら、

高校生が月に2回もライブにいけないのにロックが文化として根付くはずがない。

これってもう音楽の需要が結構なくなってきてるんじゃないかなと。特に若者の間では。だっていってもフェスくらいでしょ。

需要ってやっぱり作っていかないといけないし、それには音楽の魅力を伝えていかなければならない。

そういうわけでバンドマンとしてはこのサイトで打開策を考えて発信していきたいなと思っているんですよね。ミュージシャン側の逆襲はこれからだと思います。勢いのあるいいバンドがたくさん出てきますように。

 

 

tommetal.hatenablog.com

tommetal.hatenablog.com

tommetal.hatenablog.com

tommetal.hatenablog.com

tommetal.hatenablog.com