メタラーの逆襲

雑記系メタラーがエモいことを発信するブログ

楽しいことをしよう!

人生。それは何もしないのには長すぎる。しかし何かをするには短かったりする。最近はQOLなんて言葉を聴いたり聞かなかったりするが、これは人生の幸福度というものを考えようということである。では幸福って何だろうか。この言葉は人によって定義も異なるし中身も異なるだろう。だから「なんか幸せって漠然としすぎててむずかしいな」と思わせてしまう。いったいどうすれば私たちは幸せになれるのだろうか。実は単純なことなのにみんな気づいていないことがある。

言われてみると納得なのだが、人間は

・承認欲求が満たされたとき

・自分の時間を十分に持てたとき

・何らかの形で社会とかかわりを持てたとき

・好きなことをしているとき

・楽しいことをしているとき

に幸せを感じる。そういう風になっている。

このなかで意外と難しいのは楽しいことをするということである。

なぜかというと、これはほかの部分がある程度基準値をクリアしていないと感じられないものだからだ。

例えば、どれだけ自分の好きなことをやっていても、社会から完全に断絶されていたり他人に否定され続けていたらなかなか楽しさなんて感じられないからだろう。

こういうときって自己嫌悪に陥ってしまったりするし、孤独な気持ちがする。

孤独にもいい孤独と悪い孤独とあるが、精神的に落ち込むような孤独はおおよそ悪い孤独だと言って差し支えない。

だから心から楽しいって思うためには他の基準値をクリアする必要があるし、そのためには自分を肯定してくれる存在が必要だ。

自分の時間を持つことについてもそうである。自分の自由にできる余地が多ければ多いほど人は肯定感を感じられる。

かかわりを持つことも同様である。孤独死する人は周囲に気づかれないことが多いし、周囲となんら接点をもっていない。逆に高齢になってからもぴんぴんしている人というのはそのほとんどが若いうちからある程度社会的地位があり、一線を退いた後も老人会の会長などをしてかかわりを保っているのである。

そしてこれは意外なことだが、承認欲求を満たすことが一番たやすいのだ。

これは自分が得意なことや好きなこと、あるいは今取り組んでいることについて発信すれば徐々に注目されるようになってきて達成される。

こうすればほかの基準と同時に好きなこともやれるようになるので、これを読んでいるあなたも好きなことを発信してほしい。

いまはSNSなどで誰もが好きなことを発信できるのでいい時代だなと思う。

みんなで楽しいことをしよう!