メタラーの逆襲

雑記系メタラーがエモいことを発信するブログ

量産したほうがいいのはわかってるけど...そんなときにおすすめな方法

前回の記事

tommetal.hatenablog.com

は結構読まれた記事になっています。

この記事を見て「量産したい気持ちはあるけどどうしたらいいかわからない」という人も多いと思います。

今回はそんなときにどうしたらいいかを気持ちの面から書いていきます。

・あまり考えずにとりあえず作業に入る

まず、作業が億劫だという人はとりあえず何でもいいから文字を打ったりするのがいいかもしれません。実は、人間は作業を始めて少し時間がたつと苦痛を感じにくくなるということがあるんですね。

だからこういう面倒な気持ちは意外と作業を開始すればなくなったりします。

私も億劫な時はとりあえず眺めるだけでもやるかという気持ちで作業に手を付けるようにしています。

 

・メリットを意識する

これはとても大事です。私は普段から様々なことを勉強していますが、私は普段勉強系の記事を書いたりするので「ブログのネタになるな」と思うわけです。

後は純粋に頭がちょっとずつよくなったり、人に解説したりすれば理解力も得られたりするのでやってみるかという気持ちになったりします。

こういう感じでネタになるなとかためになるなとか、あるいはそういったものが思い浮かばなければ自分にご褒美を用意するとかでもいいんでメリットを作ることが大切です。

・習慣やノルマを定める

これも結構おすすめです。

私は毎日記事を投稿することをノルマにしているので、気分が乗らないときでも必ず記事を書いています。こうすることで作業を継続できたりするんですね。

だんだんブログを書くのも習慣化されてきました。こんな感じで作業を開始すると短時間に記事のアイデアがポンポン浮かんでくるのでやはり取り組み始めてみるというのが大事なんだなと思いますね。

・ながら作業にする

それでもどうしても気分が乗らないときは「ながら作業をする」ということが大切です。

例えば私は気分が乗らないときはYoutubeで音楽を聴いたり、実況動画をつけたりしながら作業をします。

基本的に受動的に楽しめるコンテンツに接している間は手持無沙汰なのでなんか気持ちが落ち着かなくなるのが人の性。

この時間を有効活用しようと思ったり、あるいは好きなことをしながらだったら少し気分が乗らないときでも作業するモードに入れます。

・パターンを決める

ここでいうパターンっていうのは「作業に入る前にすることを決める」というものです。例えば音楽を聴いてから作業するとか、コーヒーを1杯飲んでから作業をすると決めるとか。こういう感じでいつも作業開始するパターンを持っておくのがおすすめです。

 

こんな感じで作業に集中すると量産も可能になってくるかなと思います。

とにかく手を動かすのがいいと思いますね。

今回はここまでにしたいと思います。それでは~。

tommetal.hatenablog.com