メタラーの逆襲

雑記系メタラーがエモいことを発信するブログ

大学1年でやるような数学を学びたい方にすすめる本

こんにちは。

最近は文系でも大学で数学を必要とする人が増えているようですね。

それに

resemom.jp

経団連が文系でも数学を、といったことで数学熱みたいなものも来るかもしれません。

 

とりあえず、大学でどういう数学をやるのか興味を持った時に本を買う人は多いと思いますが、どの本が主流かを書いていきます。

 

 

線形代数

1次方程式をシステマチックに解くやつです。

 

 

線型代数入門 (基礎数学1)

線型代数入門 (基礎数学1)

 
マンガ 線形代数入門 はじめての人でも楽しく学べる (ブルーバックス)
 
*1" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/411z3slzavL._SL160_.jpg" alt="新版 演習線形代数 *2" />

新版 演習線形代数 *3

 
線型代数学(新装版) (数学選書)

線型代数学(新装版) (数学選書)

 
線形代数30講 (数学30講シリーズ)

線形代数30講 (数学30講シリーズ)

 

 

こういったところが有名かなと思います。

 

線形代数は最初のうちは効果を実感できないかもしれませんが、

もっと高度な内容や応用をやったときに効果を実感できると思います。

 

解析学

微分積分をやります。

理科や経済などで使うので、文系でも必須なところはあります。

 

演習本

*4" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/31c%2BE-gs-%2BL._SL160_.jpg" alt="新版 演習微分積分 *5" />

新版 演習微分積分 *6

 

 

 この解析入門は難易度が高め?

解析入門 ?(基礎数学2)

解析入門 ?(基礎数学2)

 
解析入門  ?(基礎数学3)

解析入門 ?(基礎数学3)

 

 

 私はこの本は使っていないので何とも言えないのですが、

そこまで難しくはないそうです。

解析入門 原書第3版

解析入門 原書第3版

 

 

 上のほうは読みやすいのでは?

下のほうは有名だけど、ちょっと古い本です。

定本 解析概論

定本 解析概論

 

 

 これも演習

解析演習 (基礎数学)

解析演習 (基礎数学)

 

 

集合

 

集合への30講 (数学30講シリーズ)

集合への30講 (数学30講シリーズ)

 
集合と位相 (数学シリーズ)

集合と位相 (数学シリーズ)

 
集合・位相入門

集合・位相入門

 

 

集合はここら辺が有名。いろいろとつながってくるのでしっかりと理解しておいてほしいです。

 

基本的に大学の数学は高校までのような数学とは感覚が異なります。

なので本の内容も断然難しくなります。

 

どう難しいかというと、抽象度が上がるんですね。

計算よりも証明が多くなりますし、言葉の定義がとても重要になってきます。

数学書はなかなかハイペースでは読めませんが、その分中身がかなり濃い本になっています。

1年くらいはかかると思いますが、1冊読めるとかなりの自信がつくと思いますよ。

それでは。

 

tommetal.hatenablog.com

 

*1:新版演習数学ライブラリ

*2:新版演習数学ライブラリ

*3:新版演習数学ライブラリ

*4:新版演習数学ライブラリ

*5:新版演習数学ライブラリ

*6:新版演習数学ライブラリ