メタラーの逆襲

雑記系メタラーがエモいことを発信するブログ

エモい物理 力のモーメントを簡単解説

力のモーメントって何ぞやってことなんですが、

日本語だと能率です。これだけだと何かぴんと来ないですが、

モノが回る性質について色々言ってるんだなーと思ってくれればいいです。

ティッシュの箱とかをイメージしてください。

これを左右からおしてみます。

 

 

f:id:tommetal:20190204150811p:plain

左右から同じ大きさでこうやって押したとき、

ティッシュの箱は動かなくなりますよね。

 

でも、

f:id:tommetal:20190204151050p:plain

左右から同じ力で押してもこうやって押したら止まってくれませんね。

回ってしまいます。

 

このように、剛体(大きさがあり変形しないもの。ここではティッシュの箱を変形しない理想的な物体と仮定して考えていますが、実際はもうちょっと複雑です。)

に力を加えるとき、力が釣り合っていても(一つの物体に加わる力の和が0になっている状態のこと)モノが止まるとは限らないんです。

 

こういう感じでものを止めるには力のベクトル和と力のモーメントの和がそれぞれ0にならなければいけません。

 

モーメントの和のことなんですが、上の図で緑で打った線を作用線といいます。

これが両側の矢印から出ているとイメージしてください。

左右で加えた力が同じとして、この緑の線、

これがのびていってピッタリ重なればモーメントの和が0になっています。

こうすると物が止まってくれるわけですね。

 

回るときはこの逆で、緑の線が重なりません。

 

この回転の性質とかは結構面白いので、気になったらもう少し調べてみるのがいいかなと思います。

それでは。