メタラーの逆襲

雑記系メタラーがエモいことを発信するブログ

正の数・負の数

まずは正の数と負の数についてみていきます。

正の数 $$ 1,2,3,4,5,・・・ $$

負の数 $$ -1,-2,-3,-4,-5,・・・ $$

 

こういうものです。

 

数直線であらわすと

f:id:tommetal:20190217021750p:plain

こういう風になります。

分数や小数、ルートがついた数も同様です。

 

そして、数直線上にある0の点を原点とよびます

この原点からの距離を絶対値といい、

$$x≧0のとき |x|=x$$

$$x<0のとき |x|=-x$$

のかたちであらわします。

このxには好きな実数を入れて構いません。

そして、絶対値の本質は原点からの距離を知ることなので、絶対値記号をつけたあとの答えはマイナスの値をとりません。

$$|-3|$$などのようにxが負の数だった場合は

$$|-3|=3$$のように正の数になります。

 

このような感じで中学数学からの復習記事を出していきます。

今回が一応このシリーズの初回です。

簡単なところから始めて数学をマスターしましょう。

それでは。