メタラーの逆襲

雑記系メタラーがエモいことを発信するブログ

バンドでMVを出すときに気をつけたいことまとめ!これさえ守っておけば大丈夫~公開編~

こんにちは。

ミュージックビデオを公開する際、何となく公開していませんか?

ただ、ファンから見ると不親切な公開の仕方をしているバンドが多々あります。

 

・バンドの公式チャンネルからアップする!

基本的によほどの事情がない限り(コラボや案件など)自分のバンドの公式チャンネルを開設し、そこからMVを投稿するべきです。

ファンとしてはいろいろなチャンネルから投稿されているとちゃんと動画の情報が届かないし、初見の人はこれしか動画が上がっていないのか、と思ってしまいます。

普通いくら音楽が好きでも検索まではせず、ユーチューブのおすすめに出てきたものや次の動画候補に挙がったものくらいしか見ません。

よくあるパターンとしてはインディーズのさほど有名ではないレーベルのチャンネルなどに公開されているパターンや、MVを撮影したカメラマンの公式チャンネルにアップされているパターンなどがあります。

しかしこれではファンの人が見つけづらいし、雑な扱いに感じてしまうとファンになるのをためらってしまったりもします。

下手なコラボよりかは自前でやったほうがいいし、撮影の際の条件なども確認すべきです。

なので、自分のバンドのオフィシャルチャンネルを開設するようにしてください。

これが一番ファンのもとに情報が届きやすいし確実です。

・できるだけ歌詞を表示する

これは結構されていないなと感じるので。

まず、動画のほうにも歌詞を表示すべきです。

これは映像を見ながら歌詞を知れるのでメリットです。

特にインディーズバンドの歌詞はなかなかネットには出てこないので必須です。

ただこれだけでは十分ではありません。

 

ここで見落とされがちなんですが、概要欄とコメント欄のトップに歌詞を書いておいたほうがいいと思います。

これは概要欄を開いたままにする人のうちコメント欄を見ない人もいるし、

逆にコメント欄を見るけど概要欄を見ない人もいるからです。

 

なぜ動画に歌詞を添付するだけでなくここまでする必要があるのでしょうか。

こたえはシンプルです。

それは曲を覚えて歌いたい人も多い中、MVに表示される歌詞を見ながらでは(すぐ次のフレーズに変わったりするし、フレーズの変わり目も歌いにくいよね)おぼえにくいからです。

ふつう歌詞ってちまちま表示されても歌いづらいでしょ。

だから先に全部見れるようにしておくんです。

そうすればより歌を覚えてもらえます。

歌詞を打つなんて大した手間でもないので必ずやったほうがいいです。

 

・宣伝する

できればYoutubeで広告を打つといいと思います。

サビなどの特徴的なフレーズを聴かせるとグッド。

 

・タグはどうする?

個人的に関連タグの設定はそんなに重要じゃないと思います。

外から見られてしまうので何の影響を受けてるかとかがダイレクトに見えてしまいます。

二番煎じ感が出ないようにすべきだと思うのでそこらへんは気を付けるようにしてください。

有名なバンドの名前を書いても多分効果がないので、仲間のインディーズバンドと協力して名前を書くとか、ジャンルの名前とかキャッチコピーの名前とか・・・

自分たちを象徴するようなものを書くといいと思います。

 

・拡散をお願いする

バンドを発見したファンの人はやはり良いバンドだしみんなに知ってもらいたい!と思ったりします。

しかしそこで問題になるのが、「勝手にバンドの宣伝をしちゃっていいんだろうか」というもの。

ファンの人は結構デリケートです。

好きなバンドが拡散とかされるのを喜ぶのかわからないとか、知ったばっかりでライブもいけてないし音源も全国流通してなかったりで入手できない・・・

という場合、ファンの人はSNSで拡散するのをためらってしまいます。

都会に住んでいるファンやお金持ちのファンばかりではないです。

むしろたまーにお金を使えるかどうかといった若者のファンのほうが多いです。

今までいろいろなバンドを見てきましたが、目先の利益をとったバンドはすべて消えました。まじで。数年後のことを見越して動いていたバンドが結果的に残っています。

これらのファンがのちのち経済力をつけたときに買ってもらうといったイメージで。

なので、初めて知ってくれた人に気軽に広めてもらえるようにすべきです。

基本的に守るべきことは

 ・怪しい人や面倒な人感を出さない。ちゃんとした人に思われるようにする。

  プロフィールも下手に”雰囲気”をだすより、誠実で明るい感じに。

 ・ぜひSNSなどで感想や拡散などお願いします!と説明欄に書いておく。

 ・エゴサリツイートはせず、いいねにとどめる(タイムラインを埋めない)

 ・いいひとだと思ってもらえれば結構お得。

 ・SNSでの発言には気を付ける。

 ・SNSでのプロモーションは大事。特に思いつかなければ有名な番組やいいと思った

  作品のハッシュタグなどをつけて感想をつぶやくと反応をもらえやすい。

  アカウント名やプロフィールからMV、公式ホームページに飛べるように工夫する

など。だいたいこの辺を守っておけば大丈夫。

 

・MVを公開するペースはどのくらいがいい?

できれば月に一本というところですかね。

基本的にこのバンド最近活動してないなーとか名前あんまり聞かないなーってときは「新譜の情報をきかなくなった時」じゃないですか?

だからライブ打ちまくるよりもずっと残りファンの人に届きやすいMVがいいですね。

CDをつくることも必要ですが、一番はMVです。

音源を効率よく作るために必要なのはDTM、つまり宅録ですね。

宅録さえできれば安上がりで音源をたくさん作れます。

ここら辺はケチったり焦ったりしてはいけません。

できるだけお金と時間をかけてしっかり準備すべきです。

ここをおろそかにするといつまでたってもちゃんとしたバンド活動ができません。

また、動画編集スキルがあればMV用の映像もつくれます。

MVの依頼は1本あたり数十万はかかるんですが、ソフトを買ってしまえば半永久的に使えるし、音源も編集もソフトは1本2万円前後なので相当お得です。

お金のかかる部分をいかに削るかは大事ですね。

出費をへらし、持続性を高めるべきです。

・ホームページの持ち方

ホームページの持ち方は3通りあると思います。

独自ドメインをとる方法、無料ホームページを使う方法、その他SNSやブログを使う方法です。

独自ドメインはお金によほど余裕のあるバンド以外はやめたほうがいいと思います。個人的に解散をするバンドのホームページが消滅してしまい、権利を取られ怪しい詐欺サイトになり果てるケースをいくつも見てきたのでこれは避けてほしいところ。

よほど活動に自信がない限り、無料でもいいのでは?

個人的にオススメなのは、はてなブログの有料プランやnoteなどを公式ホームページの代わりにすることです。

もしこれらなら、無料感も出すぎないのでバンドのイメージも保てるし、有料プランがきつくなったり維持ができないような状態になっても無料で継続できるからです。

バンドのサイトを消してしまうのは本当にもったいないです。

ファンも悲しむし、もし残しておけば今後別の活動をしたりするときにも「あぁー、あのバンドの人か」となってもらえるのでいいですよね。

ここらへんは工夫するところですね。

 

露出するタイミングをいかに増やすかの勝負なのでそこらへんには気を付けてやってみてね。それでは。

 

 

tommetal.hatenablog.com

tommetal.hatenablog.com

tommetal.hatenablog.com