メタラーの逆襲

雑記系メタラーがエモいことを発信するブログ

これはひどい!? 音楽の記事

こんにちは。

今回はこちらの記事について意見があるので見てほしいです。

 

https://hardrock.studiorag.com/hardrock-band-songs?disp=more

 

これは音楽好きなら知っている、スタジオラグのサイト。

タイトルは「邦楽のおすすめハードロックバンド。日本の人気バンド」とのこと。

 

どれどれ、中身をみてみようじゃないか。

 

 

 

 

 

えええええええぇぇぇぇぇ!!!!!

 

マ〇オさんもびっくりのこの内容。

あまりにもひどくないですか?

 

まずハードロックバンドの紹介をしているはずの全6ページにわたる記事。

しかし、この中にハードロックバンドということを掲げて活動しているバンドは

まさかの一組もいない。

 

しかも、ラウドをハードロックと勘違いして紹介している、なんてものじゃない。

もっと悪意が感じられる選出だ。

 

まずはディルから紹介。

サウンド的に考えてたしかにメタルっぽいところやハードロックっぽいところが全くないとは言わないよ。

でもディルのファン層にハードロッカーやメタラーは少ないよね。

ほぼいないです。

むしろハードロッカーやメタラーには避けられている傾向にあるバンドなのでは?

ディルとかかわりがある他のバンドも、あんまりそういうバンドいないんじゃないかな

意外とソフトヴィジュアル系が多かったイメージなんだけど。

 

他にもこのラインナップに並んでいるバンドは

 

ワンオク、サンボマスター、ミッシェル、ベガス、ハーネームインブラッド、コルレ

 

などなど。

ねぇ、このならびはどうなのよ?

 

もちろんどのバンドの曲もすごく好きだし、私はなんならここに挙げられてるバンド、

ほとんど知ってました。よく聞きます。ハードロックに影響を受けたバンドもいる。

だけどどれもハードロックといわれている音楽ではないし、

やっている本人たちもハードロックバンドだ!とは思ってないでしょ。

それなのに。

 

こんな紹介をして誰が喜ぶんだろうか?

ハードロックファンをタイトルで釣ってアクセス数を稼ごうとしているようにしか思えないんですよね。

何でかって?

これを書いているのがズブの素人ではなく、音楽のプロだから。

 

音楽のプロだし、文章の書き方からわかるように多分細かい音楽ジャンルの違い。例えばハードロックとかメタルとかラウドとかメタルコアとかエモとかスクリーモとかピコリーモとかガレージロックとかパンクとかV系とか。

そこら辺の区別ができる人が書いているようにしか思えない。

 

区別ができるプロの人が営利目的のサイトでデマかいちゃダメでしょ。

そう思いませんか?

 

正直ここで取り上げられている音楽はどれもいいけど、

ハードロックを活動の軸にしてさらにユニットではなくバンドとして

活動している人はいない。

 

ハードロックのファンも悲しいと思うし、

ラウドとか好きな子に記事を書きたいならラウドと書けばいい。

むしろラウド”系”と書いたならぎりっぎり許される並びだろこれ。

 

たちが悪いのがちゃんとメタルバンドを取り上げているところだと思うんですよね。

悪意がない勘違いタイプの人はこの並びにメタルは入れないから。絶対に。

 

だからハードロックという言葉を勘違いしているのではなく、

おそらく商業的なメリットがあると踏んでつかってるんだろうな。

 

こんなことされたら音楽ファンとしてはものすごく気分が悪いし。

書かれているバンドもいい思いはしないだろう。

もしこの記事を音楽の右も左もわからないような若い子が見ちゃって、

しかも真に受けちゃったらどうするんだろうか。

 

これはいい風潮とは言えないのかもしれないけど、

音楽の好みは宗派の違いみたいなもので、はたから見てわからなくても

当人たちにはとても大事な問題。

こういう音楽って何よりも音楽が好きで、音楽がないとまともに生活できないくらいに音楽に真剣でアツい人間が聴いているんだ。

ジャンルがあるのも好きなものとか嫌いなものを見つけやすくするため。

語り合うため。

 

もしこれを真に受けた人がハードロックが好きな人と話したとき。

「私ハードロック好きですよ!」とか話して。

それで上記のラインナップのバンドの名前を出したら。

恐ろしいなと思います。

 

別に間違えたからと言って何かひどい目に合うなんてことはないよ。そりゃあね。

ここは法治国家だし。だけどさ。

別に音楽のこと詳しくないのはいいけど、

多分その話し相手の人はすごく落ち込むだろうし悲しくなるだろう。

もう2度と音楽の話を振ってくれなくなるだろう。

これってすごくもったいないし悲しいよね。

最初から自分の好きなジャンルを知っていたらこうはならなかったのだ。

それに自分はハードロッカーだ!と思ってたのに全く違うものを好きだったなんて。

むごい仕打ちじゃないですか。

 

こんなことはこっちだって言いたくはないが、

あの記事を真に受けるとそういう弊害があるのではないか?

 

しかもなんですけど、それぞれのバンドの紹介文。

これ見てくださいよ。

ものっすごく失礼な紹介文じゃないですか?

ふざけんなよ。

ここに紹介されてるバンドのファンが見ていて、少なくとも良い思いは全くしないと

思います。雑だし、愛も熱意も感じない。

ただ金になるから適当に書いていますと。そういうオーラが出ていますよね。

いっちゃ悪いけど、こんな記事くそくらえだ。

本気で音楽やっているこれらのバンドに失礼だし、これらのバンドのファンにも失礼。

ハードロッカーにも失礼。

だってハードロックというタイトルは釣りなんだから。

お金とアクセス数のため、SEOのために書いてるんでしょ?ふざけんなよ。

 

これを失礼とよばずして何と言おうか。

 

もちろん文章の力量が足りないとかそういう次元の話ではない。

書けるし知っているのに雑にバンドのことを扱っているからこんなに不快なのだ。

 

このなかに自分の好きなバンドがいっぱいありましたけど、

すっごく紹介が雑。もっとバンドマンは怒っていいと思いますよ。

 

結局この記事で得をする人っていないんだろうな。

こういう記事書いてるとサイトも信用を落とすし。

バンドマンもファンも音楽に真剣な人も。

だれも喜ばない。

もし間違って書いてるなら営利のサイトなんだから直すべき。

ちょっと前に問題になりましたよね。医療系キュレーションサイトで。

音楽なら許されるの?ダメでしょ。

 

間違えちゃったとかっていうレベルじゃないと思うんですけど、

万一間違えてたならすぐに直した方が良いと思いますよ。

質の低い記事だし。これは善意でいってることだから。

少なくとも音楽のファンはこういう受け止め方するんじゃないかな。

 

好きなものや大切なものを雑に扱われたら、きっと皆さんも怒ると思います。

 

 

もっとこう、せっかくだからいい記事を書いてくれよ。

音楽ファンが喜ぶようなさ。

 

こういうひどい記事、誰のためにあるんですかね?

 

だからせっかくならいい記事をみてくださいな。

このサイトではできるだけ良い記事を書きたいし、修正も受け付けていますよ。

それでは。

 

tommetal.hatenablog.com

tommetal.hatenablog.com

tommetal.hatenablog.com