メタラーの逆襲

雑記系メタラーがエモいことを発信するブログ

2019年邦楽ロック 最近公開された注目のMVまとめ ~5/18

こんにちは。

今回はこういう感じ。

 


スピラ・スピカ MV 『恋はミラクル』

何回も取り上げましたが、好きだから取り上げてるんですよ。

いま音源が欲しいバンド1位。

ただすぐには買えないな。そのうち気が向いたら買いたいと思います。

 


「天地創造~Eejanaika」Music Video / ROLLY『ROLLY’S ROCK WORKS』

ホント好き!

顔とか姿も含めて魅せるギタリスト。

もちろん曲も面白いと思います。

興味をもったらすかんちも見てくださいね。


恋のマジックポーション すかんち SCANCH ROLLY

 


KANA-BOON 『まっさら』Music Video(short ver.)

shortなのがほんとうにダメ。曲はバズる可能性があるのに。

ショートバージョンのMV、友達にシェアしますか?しないでしょ。

ソニーに行くとみんなこうなりますね。

売上と話題性。どちらを取るべきか。

むずかしいですが、話題が作れなくなったバンドはフルで戦うべきでは?

まあ自由ですけどねどうなっても。

このやり方じゃバンドがかわいそうな気がしますけども。

バンドもそのやり方に従っているんだし仕方ない。

KANA-BOONのよさはMVの終わりにあったわちゃわちゃしたオフショットなのであって。そこがなくなってしまった。

曲はいいのでぜひ。どうなるか今1番楽しみなバンドではあります。

 

あと思ったんですけど、音楽業界って難しいもんで、

1度何らかのきっかけで離してしまったファンっていうのは

もう2度と戻ってきません。

漫画村騒動の後のことなんですが、周りの人をみていると

もうお金ないから音楽聞かなくていいや。

となって音楽を一切聞かなくなってしまった人が多いです。

みんなふしぎなくらいぱったり音楽を聴くのをやめてしまった。

すでに持っていた音源さえも。バンドマンの仲間も漫画村騒動にショックを受け

皆引退していきました。周りで音楽やってるのはもう私くらいなもんです。

私の場合やめようと思ていたんですが、いろいろあって戻ってきました。

最近お金重視みたいな人が増えてきましたね。でも音楽においては悪でしょ。

これって目先の利益を重視しすぎて顧客になる可能性のあった、

次世代の文化の担い手である若者をみすみす逃してるんですよね。

ここで逃がした何万人もの人はもう2度と音楽に金を払ってくれないぞ。

これで売れないって嘆いているんだから笑えますね。苦笑い。

音楽に関してですが、音源に関しては「つけ」の文化を広めていくべきだと思います。

大人になってお金ができたら買ってねと。余裕のなさが余裕のなさを生む。

しばらくの間若者には騒ぐ役になってもらって、そこでセールスにつなげようよ。

おじさんがKANA-BOONとかセカオワ聴いて「最高だ!」ってうまい酒飲めます?

ムリでしょ。文化は若者が作るものだと相場が決まっている。

若者のパワーが必要なんだよ。そのためには若者にいろいろと強いるな。

結局首を絞めているのは自分たちなのだ。グッズで稼ぎなよ。バンドは出費減らせ。

ファンもファン。金が大事というなら全財産勝手に貢いでろ。

志願してバンドマンの財布になりゃイイじゃん。好きにしなよ。

セールス重視、強硬姿勢のバンドはそこでファンを離したときがやばくなります。

文化を担う若者には負担はかけられませんよね。

制作面での工夫をしさえすれば、無料で大量に曲を出せるんですよ。

ラッパーとかそういう人が世界中で出てきましたよね。

工夫すりゃいくらでもできるんですよ。

貧しめの個人でできるのにメジャーレーベルで出来ないとはこれ如何に。

バンドは今は完全に時代遅れだなと思います。実感させられることが多い。

もう駄目なんですかね。バンド音楽って。

生活費が稼げればいいじゃないですか。

だとすればもっと賢いやり方はあるはずなのに固いんですよ。頭が。悲しいですね。

 

tommetal.hatenablog.com


眩暈SIREN - 紫陽花 (OFFICIAL VIDEO)

映像がかなりかっこいいですね。

全パート何それ!?ってなるようなフレーズをぶっこんできます。

 カッコよさや方向性はそのままに、曲の良さやクオリティは進化しています。

最近の動向を追えていなかった人も多いかと思いますが、

この機会にぜひ。

 

今回はこんな感じ。

探したんですがあんまりでてこなかったな。

それではまた。

 

tommetal.hatenablog.com