メタラーの逆襲

雑記系メタラーがエモいことを発信するブログ

精選邦楽ロック入門編!定番曲やおすすめ中堅バンドを一挙に紹介します!2019年版<第2弾>

前回の記事はこちらから 

tommetal.hatenablog.com

 

前回は「邦楽ロックの入門、入り口になるバンドを紹介する」ということで、

ロックを聴き始める人に向けての記事となった。 

第2弾となる今回は、もう少しとがった音楽性のバンドや一世を風靡したバンド、

その他人気のバンドなどを紹介したいと思います。

続編はもっと内容も充実させて濃くしていく。

シリーズものなので全部楽しく聴いていってほしい。

前回のバンドのほうがクセは少な目で聴きやすいかもしれないけど、

こっちの方のバンドはそのロックっぽさがより凝縮されたバンドになっている。

絶対ロック好きになれるようなアツいバンドを紹介していくつもりだ。

安心してこの記事をみてほしい。

 

それでは紹介していきたい。

 

凛として時雨


凛として時雨 『JPOP Xfile』


凛として時雨 『Chocolate Passion』

このバンドは2000年代後半に出てきて、一世を風靡したバンド。

普通のバンドはどのバンドに影響を受けたかがすぐわかるけど、

このバンドに関しては突然変異。

そこがいい。オリジナリティあふれる。

このバンドは今も高校生などの若い世代に聞かれていたりする。

ゆえに多くのフォロワーバンドを生み出したが、

時雨を超えるそれにはいまだ出会わない。

それぐらいレベルが高くて変態的。

 

9mm Parabellum Bullet


9mm Parabellum Bullet - ハートに火をつけて


9mm Parabellum Bullet - 太陽が欲しいだけ (2016.11.05 TOUR 2016 "太陽が欲しいだけ" at 豊洲PIT)


9mm Parabellum Bullet - サクリファイス

このバンドも時雨と同じタイミングで出てきた。

ラウドではないのに激しいし、曲調もいろいろあっておもしろい。

この時期は変態的なバンドが多く、

残響ブームというのがあったほど。

どちらも残響レコードのバンドではないのに。

 

the cabs


the cabs"二月の兵隊"

残響レコードのバンドって?と言われたときに何が浮かぶかは人によると思う。

私はこのバンドかな。

変拍子とクリーンサウンドが特徴。

邦楽のオルタナに影響を受けているのだろうか。

これで3ピースというのだから驚き。

楽器を弾きながら歌うなんて信じられないようなフレーズ。

ちなみにギターは変則チューニングらしいですね。

たしかな狂気を感じる最高の3ピース。

まさにこれからというところで解散してしまったので、神格化されているし、

今も根強いファンが再開を待ち望んでいる。

私もこのバンドは見てみたいと思う。

 


コバルトブルー PV

バックホーンはここ最近のロックの中で一番ロックをしていると思う。

この曲は歌詞がすごい。

こういう歌詞、他のミュージシャンにはなかなか書けない。

ぜひ聞いてみてほしい。

ロックらしいロックが好きな人ならきっと好きになる。

すごくアツいバンドだ。

 

相対性理論


相対性理論『LOVEずっきゅん』


相対性理論 - スマトラ警備隊 (High Quality)


相対性理論 (恋は)百年戦争


相対性理論 人工衛星

このバンドはめっちゃすごいと思う。

発明だ、こんなの。

こんなすごい発明をしてしまったのだ。

聞き逃せないし、今の邦ロックへの影響も大きいと思う。

実験的ではあるけど、キャッチーだし。

ささやくような不安定な歌い方とかも。

すごいサウンドです。きいてみて。

 

神聖かまってちゃん


神聖かまってちゃん-ズッ友/ Shinsei Kamattechan-Zuttomo


神聖かまってちゃん - ロックンロールは鳴り止まないっ 2015.9.5 BAYCAMP2015


神聖かまってちゃん - ベイビーレイニーデイリー 2019.3.29 渋谷CLUB QUATTRO

このバンドは正直演奏はうまくはないし、

音作りだってかなり独特というか、スタンダードな感じではない。

でも、なぜか心を打つんだ。気がつけば泣いたり笑ったりしているんだ。

こういうのがロックだと思う。

心を揺さぶる力を持っている。そんな稀有なバンド。

奇行ばかり話題になるが、音楽は本物のロックだ。

ロックが好きならこういうバンドを聴いてみてほしい。

間違いないから。すごくオススメ。

 

THE PINBALLS


THE PINBALLS / 片目のウィリー


THE PINBALLS「蝙蝠と聖レオンハルト」(Official Music Video)

このバンドはガレージロック的なサウンドだけど、

邦楽ロックのような要素も持っている。

ちょっと異色かもしれないが、少し前の邦楽ロックと言ったらこういう音楽性だった。

このバンドもかなりロック的な性質が強いと思う。

かなり実力派。

こういう硬派なバンドも聴いてみてほしい。

 

今回は規模は問わずちょっと中堅世代のバンドを紹介しました。

前回のが若い子に人気なバンドだとしたら、

ここら辺はその世代より3つくらい上の人が良く聞くバンド。

ただ、若い子が好きなバンドに影響を与えているし、

若い子も好きになれるはずだ。

邦楽ロックのなかでは存在感のあるバンドなので、

ぜひこういうのもあるんだな、と開拓していってほしい。

 

次回はまだ何を書くか決めていない。

若手とかにしたいよなぁ~。

初回のに比べてちょっと知られてないかもしれない若手とかをお勧めしたい。

カッコイイのをすすめるから。

楽しみにしててね。

それでは。

 

tommetal.hatenablog.com

 

 

tommetal.hatenablog.com