メタラーの逆襲

雑記系メタラーがエモいことを発信するブログ

2019年上半期、結局どのバンドが1番ブレイクしたり売れたりしたのか?

こんにちは。

定期的に沸き起こるこの手の話題。

 

今年の上半期一番飛躍したのはどのバンドか。

 

考えていきます。

 

・何を持って売れたか

これは規模の伸び率と認知度の問題かなと。

勢いがあるなぁというのが大事。

 

・候補は?

たしかにキングヌーやネクライトーキーは売れてる。

でも勢いがすごいかというと成長率はほぼ横ばいのイメージ。

勘違いしないでほしいけど、バンドが横ばいなのではなく伸び率が横ばい。

年ごとに150%のお客さんになるくらいには伸びてるバンドが500%になったらすごい。

ただ引き続き伸び率が150%なら横ばい。

こういうこと。

伸び率が安定的だということだ。

 

・そのうえで。

今年の上半期1位はヒゲダンだと思う。

皆の知るところとなったし。


Official髭男dism - Pretender[Official Video]

ヒゲダンの名前を聞かない日はない。

 

ではその次は?

これはハンブレッダーズかなと思う。

ちょうどメンバーも仕事を辞めたし、これからという感じだ。


ハンブレッダーズ「銀河高速」Music Video

タイトルに高速って入っている曲にはずれはないんじゃないか。

バンドマンの思いって高速道路のシーンに重ねられると思う。

ギターの正規メンバーからの離脱もあったタイミング。

この歌詞はファンにとってグッとくるだろう。

まだ全国的とかって感じはしないし、一般が知っているわけでもない。

ただ、いまは助走期間だと思う。

間違いなくこのバンドは伸びる。

 

その次が緑黄色社会かな。


緑黄色社会 / またね

メチャクチャ飛躍って感じではないけど、

地上波でも目にするようになってきたし、

間違いなく次期国民的バンドだ。

このバンドは買いだ。

このバンドはまだ本格的にブレイクって感じではなく、

まだ小出しにしている段階だと思う。

来年くらいに大ジャンプするんじゃないかな。

タイミングを見計らって伸びることをするのでは?

 

結局どれがブレイクしたのかっていうとこんな感じだと思う。

今年の頭のほうだとヒトリエがすごい勢いだなと思っていたんだよ。

MVのリリースも速かったし。

そこからわずか2ヶ月で。

売れているバンドも何があるかわからないなと思った。

残ったメンバーにはなんかしらの形で続いてもらいたいなと思う。

 

今の段階だとこういう並びになるのかなと思う。

ブレイクって感じがするのはヒゲダンだけだな。

2017とかは本当にブレイクしたバンドなんていなかったし、

去年もこれと言ってすごくブレイクしたバンドが思い浮かばない。

どれも前年から蓄えていたようなバンドが安定的に成長しただけだ。

伸び率が急なバンドって少ないよね。

 

暫定的にはこうだと思います。

みなさんは今年の上半期の邦楽ロックシーンについてどう思いますか?

それぞれおもうことは違うかもしれませんが、

気になりますね。

それでは。

 

tommetal.hatenablog.com