メタラーの逆襲

雑記系メタラーがエモいことを発信するブログ

邦ロック界の新たな勢力、歌い手・ボカロPのコラボ系

こんにちは。

ロックの世界というのはファン層でジャンルを分けることができます。

 

かつてはロキノン、残響、メロコア、ラウドなどという区別でしたが、

ここ数年で新たにあらわれた勢力があります。

 

それがこういう勢力。


ヨルシカ - だから僕は音楽を辞めた (MUSIC VIDEO)


ヨルシカ - 言って。(Music Video)

 

何となく雰囲気をつかんでもらえましたか?

歌い手ライクな雰囲気がありますよね。

まあ100%歌い手とボカロPというわけではないですが、

系統はそっち系。

 

MVはアニメーションで、

曲は音数が多く、ぱっきぱきの音圧。

特にドラムの音とかでわかると思う。

バンド系のミックスとは異なる。

 


ずっと真夜中でいいのに。『秒針を噛む』MV


ずっと真夜中でいいのに。『脳裏上のクラッカー』MV

 

この人の作品なんかは顕著にそれが出ている。

やっぱりこの系統はドラムの音が独特で、

その他のパートも音数の多いボカロ的なフレーズも出てくる。

 

ずとまよの作品は初期に作風を確立して、

つかんだファンを逃さなかったのが大きいと思う。

そしてこの事例からもわかるように、

弾いてみたなどで拡散されると作品は広まりやすい。

こういう方向からのアプローチが大切だと再確認させられた。

 

他にも、


僕らまだアンダーグラウンド - Eve MV


ドラマツルギー - Eve MV

この界隈では大きな成功を収めている人だ。

 

多面的な展開に加え、恵まれた声質。

雰囲気もこれでかなりつかんでもらえたと思う。

この人はたぶん時期によって作品の展開の仕方も工夫しているんだろうな。

頭がいい。

 

こうして邦楽ロック界に現れた新たな勢力。

出自がボカロのことが多く、さらに

米津玄師の耕した畑があるので、

促成栽培が可能。

 

この手の人ってだいたいネット上でのつながりもすごいので、

作品を出したときの拡散力が桁違い。

 

売上と聴きやすさにコミットする感じ、好きです。

 

こういう音楽は総じて聴きやすいというのがあると思う。

問題はこの次に何を聴くかなんだけどね。

こういう系統から入るとこの系統しか聴けなくなるという弊害もある。

が、これはクリエイターが悪いのではなく、聴き手の問題。

仕方ない事なのだ。

 

そりゃ中高生がこういうのを聴いたらこれを信仰するようになるのは無理もない。

 

というわけでどうだったかな。

この系統も聴いてみてくださいな。

 

実際売れているわけだし、研究してみるといいですね。

それでは。