メタラーの逆襲

雑記系メタラーがエモいことを発信するブログ

<最強の>バンドの効率的なプロモーション方法を教えるよ<爆速>

こんにちは!

 

きっとバンドマンの皆さんなら

「売れてぇ、でもどうしたらいいんだ...」

と深夜のラーメン屋で嘆いたことがおありだと思いますので、

親切な私が最強のプロモーション方法を教えて差し上げようとおもいます。

もちろん曲やパフォーマンスのクオリティがいいことは前提。

売れ線から外れすぎないようにサビをキャッチーにしているのも前提ね。

 

 

・まずはMVをつくろう

売れないバンドマンの皆さんに足りないのは音源の数だ。

まずはユーチューブにMVを出しまくれ。

目標は10本だ!ここを達成するまで頑張ってみてほしい。

 

MVをどうやってとったらいいかわからないバンドマンはこの記事を見てくれ。

 

tommetal.hatenablog.com

tommetal.hatenablog.com

 

この二つの記事を見てくれたらおそらく

「コストをかけずに音源をたくさん作る方法」が分かるようになる。

 

 

・宣伝の時間だ!

こうやって作ったMVを公開!

しただけでは当然アクセスされない。

ここからどうするかを教えよう。

 

1バンド仲間に送って拡散してもらう

こういう時に人のつながりが重要だ。

2バンドのSNSで拡散

3友達にも拡散!

4ユーチューブでも拡散!

 

さあ、ここまで読んでいてどう思っただろうか?

正直に言うと、これでは完全とは言えない。

 

どうしたらいいか書いていこう

 

・まずは概要欄を工夫すべし

ここをないがしろにしたバンドは売れない。

まずだが、日本語だけではなく外国語の案内もつけるべきだ。

そして「気に入ってくれたら宣伝、拡散お願いします!」

とでもつけておくべきだろう。

この一言があるだけで宣伝してもらいやすくなる。

これは宣伝してる側からの意見だしマジだ。

 

こんなのはどこのバンドも当たり前のようにやっている。

 

ここからは工夫度合いを高めよう。

 

・バンドスコアを作れ!

ここに手をかけるべし。

バンドスコアはMuseScore2というフリーソフトを使ってみてほしい。

これを使うことでバンドスコアが作れるので、

そのスコアを概要欄のところに公開するゥ!

これを使っていろいろな人に自分たちの曲を弾いてもらうのだ。

 

え?弾いてみたを狙ってるのかって?

ちがうよ。

 

これは何のためかというと...

 

・これが最強のプロモーション

軽音楽部や軽音サークルの学生にコピーしてもらうため!!!

ここが最大だ!

 

個人的な意見になるが、

ブレイクしたバンドとネクストブレイクの境目って

コピーバンドがどのくらい組まれるかだと思う。

 

個人的に、

カナブーンやゲス、ラッドやワンオクなどは楽器屋でよくスコアを見かける。

でもネクストブレイクのバンド、例えば

ハーフタイムオールドやネクライトーキーなど

のスコアを見かけたことがあるだろうか?

最近の邦楽ロックシーンがいまいち伸びていかないのはここが原因だと思う。

 

全員が耳コピできるバンドならともかく、

高校生のバンドなんかまず耳コピはできない。

だからスコアを無料で配布することでコピーしやすくする。

 

結局軽音楽部で誰かが騒ぎ始めれば一気に広まるのだ。

だからチマチマしたアプローチではなくここを狙うべき。

音楽の趣味が固まっていない音楽好きがいっぱいいるのがここだ。

最高のターゲットだ。

間違いない。

 

こういうところでしっかりと固めておけば、

先ほどの宣伝は間違いなく大きな効果を上げるだろう。

もちろん演奏の難易度を調整したり、

むずかしいバンドの場合は簡略化したスコアをつけるなどのことを忘れずに。

 

・追加で

インディーズの個人で出来る範囲と言ったらせいぜいこのくらいだ。

これがメジャーだったり、あるいはもう少し規模が大きいバンドだともっと

面白いことができる。

たとえばだけどアイデアとしては

海外で先に売れる・・・逆輸入の肩書が使える

軽音楽部でコピーしたら限定グッズプレゼント

・・・ゴールデンボンバーが似たことをしているのでおそらく効果あり。

弾いてみたやファンアートコンテストの開催で入賞者にサインプレゼント

・・・同様に

フォロワーの多い絵師などにMV制作を頼む

・・・拡散されたときの破壊力が凄まじい

編曲家にボカロPをつける

・・・幅広いファンを狙えるうえに拡散力がすごい

などなど、

イデアがもうとどまることを知らない。

次から次にアイデアが出てくるだろう。

こうなったらあとは取捨選択しながら実行に移してほしい。

 

他にはこういった記事もあるから目を通してほしい。

多分ここに書いてあることをすべて実行したら確実に売れるだろう。

 

tommetal.hatenablog.com

 この記事はまだ序章に過ぎない

 

tommetal.hatenablog.com

この記事は本質をつかんでほしくて書いた。

 

 

tommetal.hatenablog.com

そして最後にコレ!

良い曲なのに売れないんだったらコレが原因です。

この記事をみて学んでほしいです。

 

さらに売れてないバンドを紹介しつつ

粗も含めて書き綴った記事があります。

 

tommetal.hatenablog.com

 第一弾では絶妙なチョイス。

 売れないバンドがなんで売れないのかがよくわかる。

ちなみに失礼のないように言っておくと、

この人たちも音楽で食えている人たちだ。

だけどあと1歩で飛躍できるだろうからあえてこんな言葉を使って書いているだけだ。

tommetal.hatenablog.com

 こちらも同様。

こちらはより主観性が強い。

 

tommetal.hatenablog.com

 最後にこちら

良いなと思ったものを中心にいろいろと紹介している。

こういうのをみて研究を重ねてほしい。

 

作曲はその都度100%以上の力を出したうえで練習しまくればうまくなるよ。

 それでは。