メタラーの逆襲

雑記系メタラーがエモいことを発信するブログ

推せる!ツインギターでギターボーカルがギターソロを弾く曲3選!

こんにちは。

普段はフェスとかに出てそうな邦ロックバンドや

メタルバンド、BABYMETALなどのアイドル等様々な音楽を聴いていますが、

ひとつ気になったことがあります。

それはギターソロをしているバンドがちょっと少ないという部分ですね~。

とくに、普通3ピースでもなければギターボーカルがソロを弾くなんてありません。

(ワンマン体制の4人バンドとかはたまにありますが、Dire Straitsとか)

 

普通ギターボーカルの音はクリーン寄りでソロに適していないし、

ギターの速弾きなどのスキルがないことが多いからです。

 

しかし中には特殊なケースも存在します!

 

もともとリードギターを弾いていた人が何らかの事情でボーカルを担当し、

そのほかにもう一人リードギターがいるパターンなどです。

 

こういうバンドの場合、

もともとボーカルをやっていたわけではなく

ボーカルの脱退や変更などがあって担当したり、

表現の上で必要になったから担当したりと様々。

 

もともとがリードギタリストなのでテクニックは抜群!

もう一人のリードギターに負けないようなセンスを持ち合わせているのです。

 

こういうバンドはもちろんボーカルパートも面白いですが、

楽器の絡みがほかのギターボーカルを擁するバンドより複雑で精密。

 

歌も楽器もどちらも全力でおいしいとこを凝縮した

めっちゃ推せるスタイルです!

 

そういうかっこいい曲を紹介します!

 

・Hangar 18


Megadeth [HD] Hangar 18 Live 2008 San Diego

 

もともとメタリカというバンドのリードギターだったデイブ・ムステインが

中心となりメガデスが結成されました。

このバンドの代表曲の一つでもあるHangar 18はボーカルのカッコよさはもちろん、

ギターソロのバトルがすごく盛り上がるポイントです!

メガデスは二人ともかなり技術がありますが、

特にリードギター担当はデイヴ以上のスキルを求められるので大変だと思いますw

メンバーは割と頻繁に入れ替わり、

Gt.Voのムステイン(日本ではなぜか大佐とよばれる)と

Baのエレフソンが中心です。

(上記の映像でベースを弾いているのはエレフソンではない、エレフソンは後に復帰)

この映像の時のメンバーで今も在籍しているのはムステインのみ。

現在ギターはアングラのギターでもあるキコ・ルーレイロが担当しています。

 

・みかんのうた


SEX MACHINEGUNS - みかんのうた

このバンドもやはり技術がしっかりとしているし、

このバンドは歌詞とかもパフォーマンスもエンターテイメント性が高いです。

 

メタル不況期にも生き残ったバンドというイメージがあります。

なんか仲間っぽい感じとかあたたかい雰囲気があっていいですね。

メタルのおいしいところやそれっぽいところをしっかりと押さえているので、

そういうところもいいですね~。

ツインリードや掛け合いを多用しますが、

どれも美メロですね。

こういう感じが推せる?ポイントだったりします。

 

個人的にはシャウトのクオリティの高さもすごいと思います。

 

精神の黒幕~LIBIDO


聖飢魔Ⅱ 精神の黒幕 ~LIBIDO~

この曲の場合普段メインボーカルの閣下に加え長官も参加、

やや珍しいツインボーカル体制になっています。

この曲はギター2本のバランスがすごく良いと思います。

後半でツインリードになるのもいいですね。

聖飢魔Ⅱの曲としては比較的簡単な方で、

テクニックよりはメロディアスな方向を追求したソロなのかなと思います。

歌のあるパートは参謀がメインでギターを弾き、

ソロは長官が弾いています。

こういう形で2本のギターを目立たせることもできるんですね。

音色の使い方とかも本当に絶妙。うまい。

 

というわけで3曲紹介しました!

ギターが2本のバンドでギターボーカルがソロを弾けるとアレンジの幅が広がるし、

なによりもすごく盛り上がるので大好きです!

 

こういうバンドがもっとでてきたら面白いと思いますw

今回はこのくらいにしたいと思います!

それでは~。

 

 

tommetal.hatenablog.com

tommetal.hatenablog.com

tommetal.hatenablog.com