メタラーの逆襲

雑記系メタラーがエモいことを発信するブログ

圧倒的な音の迫力を感じるロックな曲3選

こんにちは。

今回は音の迫力が激アツな曲を紹介します!

 

そこに鳴る/掌で踊る


そこに鳴る / 掌で踊る【Official Music Video】Sokoninaru / Tenohira De Odoru

 

こんなに迫力があるサウンドなのに3人でやっているというのだから驚き。

個人的に大好きでリスナーとして思い入れのある曲です。

 

バンドをやめようと思っていた時にこれを聴いて、

こんなにすごいことをやるバンドがいるのに

自分が辞めるわけにはいかないなという気にさせられました。

 

なかなかほかのバンドでここまでやるのは無理だと思うんですよね。

これを気に入ったらこちらもどうぞ。


そこに鳴る / re:program【Official Music Video】Sokoninaru

進化したそこに鳴るサウンドが詰まっています。

 

 

・BABYMETAL/メギツネ


BABYMETAL - メギツネ - MEGITSUNE (OFFICIAL)

こんなにいろいろな要素を混ぜているのに、

バランスを保っているところがすごいです。

和、エレクトロ、ダンス、ポップス、アイドル・・・

こんなにいろいろとやっているんですが、

高度な処理によって、ひとつひとつが際立っています。

 

初耳学でもおなじみですが、

あらためて聞くと様々な発見があります。

 

意外とフルで聴いたことのある人は少ないと思うので

この機会にどうぞ。

 

これを気に入った人はこちらもどうぞ


BABYMETAL - イジメ、ダメ、ゼッタイ - Ijime,Dame,Zettai (OFFICIAL)


BABYMETAL - ヘドバンギャー!!- Headbangeeeeerrrrr!!!!!!! (OFFICIAL)

 

 

Fear, and Loathing in Las Vegas/Return to Zero


Fear, and Loathing in Las Vegas / Return to Zero

 

スクリーモに派手なシンセサイザーの音を追加して、

ピコリーモというジャンルの創始者となった?バンド。

完全に独自路線なので、

はやりすたりの影響を受けることなく人気を維持。

 

この曲はパラパラの要素が入っている。

 

ちなみに参考としてピコリーモのもとになったスクリーモという音楽を紹介する。

 

スクリーモとは、エモというジャンルにフライスクリームをたしたジャンルだ。

 

エモ


Paramore - crushcrushcrush [High Quality]

 

フライスクリーム


Faint (Official Video) - Linkin Park

これの50秒あたりからだ。

ボーカルのチェスターはすごいな。

ちなみにフライスクリームとシャウトは異なるので注意が必要だ。

 

シャウトはこれだ


ENFORCER - Undying Evil (OFFICIAL VIDEO)

イントロで聞こえるのがほぼ全部シャウトだ。

 

だいぶ違うものだというのが分かってもらえたと思う。

 

そしてこれらエモとスクリームをあわせたのがこうだ。


ONE OK ROCK - NO SCARED [Official Music Video]

先ほどのフライスクリームよりこちらの方がフライ感がある。

こういう感じで高めのスクリームだと思ってもらえればいい。

あとはこれ。


ONE OK ROCK - The Beginning [Official Music Video]

よりナチュラルに聴きやすいと思う。

音圧の高さが特徴的だ。

 

これがピコリーモのもとになったスクリーモというジャンル。

そしてシンセサイザーの音が分からない人もいるだろうから

ここに貼っておく。


踊れる!シンセ・テクノポップ/眠気が覚める曲/Background music/DJ BENGAKU / 洋楽EDM

こういう音がシンセサイザーという楽器の音だ。

物理の時間などにやったかもしれないが、

音はじつは波なのだ。

そしてその波を操って思い通りの音を出そうという楽器がシンセサイザーだ。

ブワァ~とかピコピコという音が聞こえるだろう。

伴奏にも使えるし、リードフレーズやメロディーにも使える便利な楽器だ。

そして派手な楽器だということが分かってもらえたと思う。

 

あんな激しいスクリーモにピコピコしたおとを入れたら目立つに決まっている。

そして実際に有名なバンドとなった。

面白いと思います。

 

というわけで3曲を中心に紹介しました。

どのバンドも工夫がうかがえておもしろかったですね。

それでは~。