メタラーの逆襲

雑記系メタラーがエモいことを発信するブログ

作曲のノウハウ講座 リフの作り方のヒントを教えます ジャパメタ編

こんにちは。

こにゃにゃちわ。

いつもリフとソロを作れと言っているので、

いくつかのジャンルでのリフの作り方について教えたいと思います。

今回はジャパメタ的なリフの作り方を教えます。


LOUDNESS - IN THE MIRROR (PV)

 

まず刻みがひとつ基本になります。

ズクズクいったリズムのことです。

そして最初にデーデーデとなるところは1度と3度の和音を使っています。

さらにスケールをハンマリングとプリングしていますね。

あとは1度と4度とかのコードも。

よりストレートな感じがイイなら4度だね。

3度は扱いが難しいのでしばらく慣れるまではやらなくていいと思います。

 

ジャパメタが好きならこれも。


LOUDNESS 【CRAZY DOCTOR】 1988-PART1

 

これ。パワーコードとスケールを絡めていますね。

そしてコードの開放かな?

の音を入れてます。

 

まずここまで聴いてもらって分かったように、

フレーズの軸は低音弦側にあります。

ここ最近はヘヴィなリフは聞かなくなってしまったので、

残念ではあります。

 

というのもヘヴィなリフは出尽くした感があるんですよね。

なのでおすすめは他ジャンルの運指を取り入れること。

そしたらちょっと違う発見があるかも。

 

で、ジャパメタの基本はやはり安定感のある音遣いが好まれます。

もし不安定さを出すなら減5度とかを絡めるとか。

部分的にテンションを入れるとか。

あとはオブリ的な余地を入れておくといいかもしれないですね。

 

もうひとつ裏技としては好きなリフの運指を変えて

混ぜてしまう。

これはありかもしれない。

フレーズも違うので別に問題ない。

最初はこれでいい。

 

もしハードロック風がイイなら裏を意識したリズム感のいいリフがオススメ。

 

メタルは他のジャンルとは違ってスケールをそのまま弾いてもリフにならないので

弾く順番とか使う指やポジションは意識的に変えてみてほしい。

時にはストレッチ的なフレーズとか鬼のようなスキッピングもどうぞ。

 

今回はジャパメタのリフを。

次はソロか違うジャンルのリフかはたまた・・・?

それでは。