メタラーの逆襲

雑記系メタラーがエモいことを発信するブログ

新しいものについていけなくなった人から脱落する時代

こんにちは。最近色々なことがあって大変なんですが。

ふと思ったんだけど、いわれのない誹謗中傷とか、

攻撃性の強い過激なことを言う人ほどモノを知らないんだよな。

常識レベルのあたりまえのことを知らない。根拠のある批判は良いんだよ。

そうじゃなくて、知恵の欠如による根拠のない(感情論に基づいた)誹謗中傷のこと。

欠落してんじゃん。礼儀とかさ。

別に誰かに迷惑かけられたわけでもないのに文句言う人とかさ。

ああいう人って端的に言えば失礼な奴じゃん。

 

モノを知っている人が「これが正しいんだ!」と主張するのは

感覚的にまだわかるような気がするけど、

そういった基礎基本が抜け落ちている人のほうが自らの正義を主張したり

なぜか過激なことをいう傾向にあると思う。

 

しかも、傾向として一番やっかいで過激なのは中年だ。

まえにテレビでやっていた特集で、

ネットに攻撃的なデマや暴言を書き込むのはどのような

属性の人か?というのがあった。

データを分析していたのだけど、

そういった書き込みをするのは40~50代くらいで、

経営者や会社役員、主婦が多いという。

 

意外と若年層はネットリテラシーがある人も多く、(一部変なのもいるけど)

メディアでバカッターが紹介されるから多く感じるだけで、

実際には中年とかは「新時代の常識」をしらず、嘘に踊らされる。

閉じた世界にいるため、ネットに自分の周りでしか通用しないことを書きこむ。

中途半端にテクノロジーとか機器を使えてしまうけど、使う側が進化しない。

だから世間の動向にそぐわない「やらかし」も多いとか。

 

やっぱりこういうのを見ると、

常に最新のものに触れ続けることが大事なのではないかな。

そうやって学び続けてないと厄介な人間になると思う。

教訓的なものが得られると思いますよ。「バカッター」とか「中年」をみると。

 

個人的にボーダーとして、

過去の話しかしなくなったら人間実質終わりだと思う。

新しいものに良さを見いだせなくなった時点で過去の時代に生きるも同然だ。

 

時代というのはいつだって刻々と変化しているというのに、

その時代の淘汰の波についていけなくなったら

取り残されるしかない。

 

個人的には80とかになってラインを使いこなしてる

おじいさんとかのほうが好感をもてるよ。

オリンピックのために外国語を勉強するおばあさんのほうが好感をもてるよ。

病院の帰りにバス停で「最近の若者は~」とかって言っちゃう痛々しい人は

もう時代の波に取り残されていると思う。

 

いまその瞬間に何が起こっているかを冷静かつ的確に

見極める能力がないと、データや証拠に基づかない

もろな感情論で話を進めることになってしまう。

それじゃああまりにも勿体なさすぎる。

 

さらに新しい情報を知らなかったらどんどん手が付けられなくなると思う。

 

そうならないためにも常に新しいものを学んでほしいと思う。

音楽だってそうだ。音楽はニュースみたいなものだ。

新しいものを聴くことにはちゃんと意味がある。

過去の新聞を読むことも大事だが、

最新のニュースも毎日必ずチェックすべきなのだ。

でなければ今の時代に何が起こってるのかが分からなくなるじゃないか。

 

なんだかんだ言っていいミュージシャンはいるんだよ。

流行りのものを聴いて、「あ、いいな」と思えなくなったら

それは少し病んでいる。きき方が。

感性というのは磨けばよくなるし、いくらでも時代についていける。

音楽なんて「いいと思うもの」を広げていくゲームじゃないか。

もしその時代の音楽に文句があるなら自分でやれよと思う。

それができないのに文句を言うな。

 

どんどん面白いものを増やしていった方が楽しいじゃないですか。

どんどん感性を磨いて「吸収」していった方が人生豊かになりますよ。

 

個人的に好きな言葉があって。

知識はよく語り、知恵はよく聴く

って言葉なんですけど。

 

文句ぶー垂れてる中高年はコレだと思う。

自分の時代の知識をひけらかし常識だと勘違いする。

いつの時代も通用するような普遍性や、

新しいものにアンテナを張る感性がないから

知恵が養われない。

知恵がないので今のものをよく聞くことができない。

 

普段はあんまりこういうことは書かないんですけど。

それこそ知恵はよく聴くのでね。

普段はあんまりこういうジャンルのことは書きません。

ただ、ちょっといろいろと思うことがたまってて一回吐き出してスッキリしたかった。

ちょっと旧時代に取り残された残念な人が多かったので

できるだけ悪口とかじゃなくどちらかといえば批判してみようかなと思って

書いてみました。

 

普段は新しく売れそうなバンドとか作曲についてとかを

コラムで紹介しているのでそういうのを見てください。

 

新しいものにも触れて感性をアップデートしてください。

それでは。

 

tommetal.hatenablog.com

tommetal.hatenablog.com

 

 

 

tommetal.hatenablog.com

tommetal.hatenablog.com

tommetal.hatenablog.com