メタラーの逆襲

雑記系メタラーがエモいことを発信するブログ

ミュージシャンが利用すべきPCソフトはこれだけだ

どうもこんにちは。

今回はミュージシャンが利用すべき

PCのソフトを紹介します。

 

すごくシンプルです。

逆に言うとこのくらいプロのバンドマンは当たり前のように使うので

なるべく早く覚えてみてください。

 

DAWソフト

これはパソコンで作曲するときに必要なソフトです。

まずこれはプロツールス、と言いたいところですが、

これはモノホンのスタジオ系の人とかが使うやつなので、

値段もやけに高いし機能が多すぎて普通のユーザー向きではありません。

 

DAWで使うべきはキューベースというソフトだと思います。

有名な作曲家はこれで作曲していることも多いです。

強みとしては、

・サポートが手厚い事

・学割がきくこと

・アップデートが定期的にちゃんと行われること

・マニュアル書や解説本などが市販されていること

シンセサイザーなどの音色が充実していること

・ユーザーが多いのでわからないことはネットですぐに調べられること

などです。

 

もっともスタンダードなソフトがCubaseなので、

これをつかえれば問題ないです。

 

DAWのソフトは基本的に最初に買ったやつを使い続けるので、

新しいものは別に買う必要はないですね。

 

もちろんほかのDAWにも強みはありますが、

デメリットやいまいちな点も多いので、

そこら辺の判断は各自行ってください。

 

映像編集ソフト

これはMVを編集したり、

なんらかの動画を公開するときにつかいます。

 

たとえば有名どころだと

aviutil

などが挙げられます。

 

フリーソフトも多いので大丈夫だと思います。

aviutilはコンピューター初心者の人が

扱うには大変な部分もありますが、

徐々になれていくので、

最初は大変でも根気強く覚えてください。

 

これら2つができるとコンテンツをたくさん出せるようになるので効果的ですよ。

 

譜面作成ソフト

バンドスコアなんていつ使うの?

と思う人もいるかもしれませんが、

これは意外と使いどころがあります。

 

DAWのデモづくりではニュアンスが再現しづらい部分の

再現に使えたりしますし、

 

普通にメンバーの演奏するフレーズを指定することもできます。

あとは一般向けにTAB譜を作って公開することも可能です。

 

私は軽音楽部に入っていた経験がありますが、

軽音楽部でコピーされるようなバンドは瞬く間に売れます。

 

具体例はいくつも浮かびます。

 

最近の軽音楽部の人とかを見ていてもそうですよね。

ポルカドットスティングレイとかヤバTはこういうところに

しっかりとターゲットを定めたから売れたんです。

 

なので、譜面を作ってコピーしてもらうとか、

ユーチューブで演奏解説の動画を出すというのはひとつの手。

 

その際に使える五線譜・TAB譜両方作成できるフリーソフト

MuseScore

というソフトです。

 

これでスコアを作って、

ユーチューブに曲とセットで公開するのが良いと思います。

 

プラグイン各種

これはDAWに追加するソフトのことです。

ラーメンでいうチャーシューや海苔のことです。

いわばトッピングです。

 

ただ、具なしだと味気ないように、

DAWプラグインがないと味気なくなります。

 

具体的にどう味気ないかというと、

DAW内蔵のバンド楽器の音源はちゃっちいんですよ。

 

一応それだけでも曲にはなるし、

公開しようと思えばできるんですけど、

それだけじゃちょっとちゃっちくなるんです。

 

こういう時に音源をプロの品質に引き上げてくれるのが

プラグインの仕事だと思ってください。

 

オススメのプラグインですが、

ドラム、ギター、ベースの音源は買えたら買ってください。

重要度はドラムとギターが同じくらい、

あるに越したことはないくらいでベースかな。

 

なので、これらは順序としては後になりますが、

ぜひ導入してください。

 

tommetal.hatenablog.com

プロモについての記事ですが、序盤を見ていただくといいと思います。

使うべきソフトはこちらにも書いてあります。

 

 

というわけで、

ミュージシャンが使うべきなのは

DAWソフト、映像編集ソフト、譜面作成ソフト、プラグイン

ということでした。

 

これらを使いこなせばひととおり問題なくやっていけるので、

何をしたらいいかわからない人は参考にしてみてください。

 

それでは!