メタラーの逆襲

雑記系メタラーがエモいことを発信するブログ

当時高校生の圧倒的演奏力

今回はこれ!


ユレニワ ‐ 馬鹿 (Music Video)

 

音楽性を広げようのコーナーで書いたけど、

この曲単体で書くのは初。

 

まずなんだけど、このバンドはリズム隊がマジでうまい。

ライブの音源(ROの応募音源)がまだ残ってるけど

(あれは公開期間3年なので気になる方はお早めに)

それでもはっきりとわかる。

 

こうやって基礎的な部分はしっかりとできている。

 

こうするとウワモノが暴れられる。

力強い迫力のあるボーカルに、エモーショナルなギター。

演奏はかなりしっかりしているし、

曲の作りでも変拍子とかがしっかり入っていて、

でも違和感はない。 

 

変拍子の部分もエフェクトでディレイがかかっていたり

クリーンになったりと使い分けが上手。

そこでベースが暴れているのもいい。

ギターで抑えてベースで動く。

ウワモノだけが目立つわけでもない。

ちゃんと全部ポイントがある。

 

サビも歌詞が繰り返されていて、シンプルなんだけど

言いたいことがムダなく伝えられていてすごい。

しかも感情を表す言葉、たとえばうれしいとか悲しいとか。

こういうワードが入っていないのに感情を想像させる

歌詞になっているのでかなり技術的にも高いことをやっている。

 

ソロも緩急ついていていい。

たとえば前半はコードなんだけど、

後半は単音で弾いている。

ここも16分とかをまぜたりしつつ弾く。

 

 

こういうところのレベルの高さもいい。

 

曲単体で見ても魅力的だし、

もうちょっと深く入っていくのもアリ。

 

理論的に書くと崩れていく曲ってあるんだけど、

そういう粗とか隙が一切ない。

完璧です。

 

ただ、このバンドはいかんせん知名度がない。

もっと知られるべきバンドです。

 

これからキラーチューンみたいなのが出ていけばいいですね。

 

個人的にはマッシュのバンドって頭を使いすぎだな

と思っているので、ピュアな感じでいてくれたらうれしいです。

 

もっとひろまればいいですね。

それでは~。