メタラーの逆襲

雑記系メタラーがエモいことを発信するブログ

メタルのベースが聞こえないのはなぜか?

こんにちは。

以前書いたこの記事に関してなんですが

 

tommetal.hatenablog.com

 

普通の音響で普通の聴き方をしている場合を想定していたんですが・・・

 

飛行機の中でベースが聞こえないのはなぜかとか、

メタルのベースが聞こえないのはなぜか、といった

トリッキーな質問がたくさん来ているので

ちょっと申し訳ないなと思いました。

 

飛行機のは単に気圧の問題です。

なんなら味覚だって気圧が変われば変わります。

 

なので、メタルのベースが聞こえないのはなぜかについて答えたいと思います。

 

 

・そもそもメタルでベースはどのような役割なのか?

ここから始める必要があります。

 

まずはJ-POPとの違いを理解するために、ポップスを解説します。

こちらも先ほどの記事

 

tommetal.hatenablog.com

 

を見てほしいんですが、

割とベースラインは動いていると思います。

 

ポップスやロックにおけるベースは普通にルートを弾いて

コードを支えたり引き立たせたりするのも仕事ですが、

べつにオブリを入れたりしてもいいですし、

間奏で自由にやっても許されます。

 

基本的にポップスもロックもコードを大事にするので、

コードの構成音+αくらいならフレーズを動かしてもいいのです。

 

だから変態的な人が現れやすいのです。

 

それに対してメタルですが、

基本的にメタルでギターがコードをじゃかじゃかしたりすることはありません。

ズクズク刻んだりパワーコードを弾いたりします。

音の明暗を左右する3度の音などは省かれていますし、

仮に3和音的にするとしても1・5・8で弾くので

そもそもコードを支えたりする、というのがされません。

 

となるとベースは弾く音に困るわけです。

メタルにおけるベースの役割はコードを立たせることやさせることではなく、

脳筋的に低音を確保する。この1点に終始するのです。

基本的にメタルのベースはルートを弾くかギターリフとユニゾンするか

その2択になります。

基本的にメタルのベースは特別なことがない限りルート以外を弾いちゃいけない、

という暗黙の了解みたいなのがあります。

もちろん外れてもいいはずなんですが、あんまりチャレンジする人がいません。

メタルはテンポも速いし、フレーズが難しいのでミスりやすいです。

わざわざ自分のフレーズを難しくしたくないですよね。

むしろTaijiみたいな方がレアです。

 

そうすると基本的にギターと同じフレーズを弾いていることになるし、

キーボートとかと絡んだり歌と絡んだりもしないのでシンプルになります。

これが聴き取りづらさの一つの要因です。

 

そして、メタルというジャンルにも理由があります。

メタルはポップスやロックに比べてギター至上主義、テクニック至上主義です。

ボーカルはシャウトするし、ギターはテクニカルなソロを弾くし、

ドラムはツーバスどこどこです。

おまけにキーボードがいる場合は高音から低音までやられてしまいます。

音域が残っていないし、ベースまで暴れたら曲が破綻します。

ベーシストはメタル最後の良心なのです。

彼らがいなければ曲はまとまらんのです。

 

ベースの音というのはミックスやマスタリングの段階でも

気をつけないと割れてしまうし。

音量をもっと出したいんですけど、出しすぎると割れちゃうから

下げざるを得ないんですよね。

 

ポップスだったらギターが下げられているし、

ロックだったら音域がかぶらないように

セクションごとに細かく考えられています。

ただ、メタルはギターを下げるわけにはいかないし、

ほかをさげるわけでもないので、仕方ない部分はあります。

 

あとは単にほかのパートが目立つから聴きにくいというのもありますし、

テンポが速いからスラップとかを入れる間もないです。

メタルでスラップする人は何故か嫌われやすいです。

何でか知らないけどメタラーはスラップの音が苦手な人が多いです。

 

ここまでつらつらと書いてきましたが、ここまでは音楽性のはなし。

メタル系のバンドではベースを好まない人がいるのも大きいです。

 

メタリカやXはなかなか聞こえない位にベースの音が下げられている、

なんていう話も有名ですし、イングヴェイもベーシストの主張を嫌います。

こういうジャンル特有の要因が多いと思います。

 

なんかこう書くとメタルに問題があるように感じますが、

多分本当に色々と問題があると思いますw

 

そうはいってもいいベーシストもいますし、

ちゃんとベースを尊重するバンドがいるのでそういうのを聴いてみたら

いいんじゃないかな。

ギターが一人の4人組バンドは比較的ベースも出てきます。

 

まあいろいろと聴いてみてください。

それでは。