メタラーの逆襲

雑記系メタラーがエモいことを発信するブログ

2019年に発表されたロックバンドの曲ベスト10

そろそろ2019年も終わるということで、

今年リリースされた曲の中から10曲選んで、

ランキング形式で発表したいと思います

 

ルールとしては、

・今年MVが公開された曲

・年内に出された新曲である

・バンド形態のモノ

・1バンドにつき1曲

・個人的なお気に入りの中から選ぶ

です。

 

それではさっそく紹介していきます。

 

 

10位


Saucy Dog「雀ノ欠伸」Music Video -徒然草 序段の再解釈-

 

まずは今年飛躍の1年となったサウシードッグからの1曲。

サントリーの企画で出た曲です。

全体的にレベルの高いリリースが続きましたが、

曲の良さに対してバンドの規模は大きくなった感じがしません。

これはすでにファンがにわかを拒む雰囲気を作っているからかも。

こないだ出した曲のコメント欄は殺伐としていましたね。

さすがにそういうところを対策しないとテレビに出ても効果は薄いと思います。

出演シーンはよかったんですけどね。

 

9位


9mm Parabellum Bullet - 夏が続くから

 

イントロの意外性よ。

ラテン系のノリで始まる。

どこか抜けない声も面白いポイントですが、

歌詞のフレーズもらしさが詰まっていると思います。

 

ギターソロの感じはかなり個性的だなと思いました。

私だったら違う長さの音符の取り方にしていただろうな、

と思うような音の伸ばし方ですが、複数通り解があるのでしょう。

この曲の場合それでやってもぴったりはまっているからすごい。

さすが一流のバンドだと思いました。

 

8位


サカナクション / モス

 

忘れられないのと悩みましたが、今回はこちら。

ルパンの娘の主題歌でした。

個人的に押したいのはリフとサビの裏でなっているシンセの音色。

この2か所が音楽的には面白いかなと思います。

MVに関しても話題を呼んだし、アルバムについてもゲリラライブについても

話題になりました。話題作りがずば抜けてうまいと思います。

次の作品も楽しみです。

 

7位


サザンオールスターズ – 愛はスローにちょっとずつ(Full ver.)

 

サザンはノーマークだった。

ベテランすぎるもん。まさか主題歌で当ててくるとは・・・

さすがの歴ですし、名曲中の名曲。

間奏がソロになっているのもベテランっぽくて好き。

ドラマの主題歌は良い感じのものが多いですね。

 

6位


mol-74 Teenager MUSIC VIDEO

 

今年メジャーデビューしたモルカルより、新曲のMV

賛否ありそうだけど、個人的には好き。

%と同じ系統かもしれないけど、しいて言うなら歌詞の雰囲気が

メジャーになってからのものだと思う。

ソロがあったことも意外だった。今までのはソロとかなかったし。

ここからタイアップとかをつけていけば確実に売れると思う。

ライブも行きやすそうなのでぜひ。

 

5位


climbgrow「THIS IS」Music Video

 

しゃがれた声なんだけどバッキングがちゃきちゃきしてて面白い。

なんか混乱する魔法を食らったみたいな音してるもん。

この系統のバンドは男らしい感じなんだけど渋さとか軽快さも持ち合わせていて、

複合技?を繰り出してくるから面白い。

間奏のリフとかはもろに歪んでいるし。ソロも16あるからとても面白い。

長いソロのほうがやっぱりカッコいい。

 

4位


クレナズム『花弁』Music Video

 

急に入り込んできた1曲。

まだ情報があまりないけど、個人的には面白いと思います。

こういう面白いのを継続的に出してくれたらいいな。

ひとバンド1曲で、枠に入れるバンドを悩んだので、

折角だから皆が知らなそうなバンドを、と思って入れました。

 

3位


indigo la End「通り恋」

 

さすがですね。

スルメ曲というやつだと思います。

最初はよさが分からないけど聞くうちによく感じる。

そういうタイプですね。

シンプルなんだけど、リードのインディゴ感がすごく個性的。

ジェニーハイとかも良かったけどね。

今回はインディゴからでした。

 

2位


なきごと / ユーモラル討論会 MV

 

最も売れてほしいバンドです。

個人的に楽器の主張が強いバンドは好きなので。

シンプルなバンドも好きだけどね、ケセラとか惑星ごっこみたいなのも。

だけど、ここは久しぶりに理想としているタイプのバンドで

ドンピシャなのでこのサイトで紹介したいと思います。

幅広い曲が書けるので、カラーの豊かさで楽しむこともできるし、

トリッキーなフレーズも味わえる。すごいです。

 

1位


緑黄色社会 『sabotage』(TBS系火曜ドラマ『G線上のあなたと私』主題歌)-奏でた音の行方 vol.2-

 

さすがに圧倒的に良すぎた。

たしかにヒゲダンはすごかった。

だけどこの曲を前にしたら事情は違う。

リョクシャカの代表曲を更新するすさまじいポップソング。

今年1位は間違いなくこの曲です。

最初はサカナが独走するかなと思ったけど、そうじゃなかった。

 

こういう曲は書きたくても書けない。

パートごとのつなぎ方や各楽器の主張度合い、

構成的な面や盛り上がり方、ライブでの使われ方

を考えると相当レベルの高い曲。

 

とくにサビのドラムがすごい。

ためてためて焦らしてからの

一気に開ける感。

 

しかも、ボーカルも一番オイシイところが出せている。

完璧な一曲。これが作れたら一生プロでやっていけます。

そのくらい衝撃的だった。

この曲にあって音楽の好みが変わったくらいです。

このまま頑張ってほしいです

 

というわけで2019年の象徴的な10曲をあげました。

残念ながら入らなかった曲もありますが、

そちらもまた別の企画で書こうかなと思います。

 

それではまた。