メタラーの逆襲

雑記系メタラーがエモいことを発信するブログ

好きでいてさえくれれば、それでいいんじゃない?

こんにちは。

創作に関してのネタを一つ。

 

これはある程度周っての意見ですが、

好きでいてくれればそれでいいなと思います。

 

・他人を分かるなんてできない

他人を理解するなんてもうできないんだから、

そういうことをやめよう。

 

他人の意図は100も知れない。

せいぜいよくて5くらい。

 

だったらわかってもらおうとする方がおかしい。

第一そんな風にしてたら持たない。

 

・好きでいてくれればいいよ

なんか細かいところまで分かってもらうのって

難しいなって思います。

 

言葉一つでバトルしたり。

 

見てて疲れちゃうよ。

 

・よろこんでくれれば

お客さんが楽しくなってくれるなら

それでハッピーハッピー。

 

もうこういうことでいいじゃないですか。

 

目に見えないもので戦わないで。

 

・意図とか

作品の意図とか、もういいじゃん。

みんながんばってるんだよ。

 

自分の思う高尚を押し付けるなよ。

そんなのが君のいう「芸術」なのかい?

そんなのしてたら誰も音楽聞かなくなるよ。

 

作って満足して、出す。

 

これがプリミティブ。

 

聴いて満足して寝る。

 

これがプリミティブ。

 

ね。

 

これでいいじゃん。

 

和平協定ですよ。これは。

 

過度に自分を分かってもらおうとするから

いらぬ争いが起こるんだよ。

 

なんかいろいろと過激な人が多くて困っちゃうな。

ミュージシャンもリスナーも。

 

そういう争いをする人のために

音楽があるわけじゃありません。

 

もうバンドマンもSNSとかでエゴサするのやめたらどうかな。

ダサいよ。正直。

 

好きなもの出して何人かの人がファンやってくれたら

いいじゃん。

 

食えるんだったらそれでいいじゃん。

 

それ以上何を望むんだよ。

 

言い争うミュージシャン、

自治に躍起になる古参、

虐げられるライト層。

 

ああ、音楽って素晴らしい。