メタラーの逆襲

雑記系メタラーがエモいことを発信するブログ

バンドの曲のアレンジはCDと変える派?変えない派?

こんにちは。

 

バンドの曲ってライブでやるときに2パターンあって、

ひとつはまんまCDと同じでやる方法、

もう一つはアレンジを変える方法です。

 

もちろんどちらにもよさはあるけど、

上手いことここら辺を使い分けてほしいなと思います。

 

たとえばだけど、

同じ曲でもソロの長さ次第では

分数がかなり変わってきますね。

 

メインに据える楽器にもよります。

 

こういうのが分かりやすく違いを堪能できると思う。

 


聖飢魔Ⅱ NEVER ENDING DARKNESS

 


聖飢魔II NEVER ENDING DARKNESS

 

最初の方の動画の概要欄はどれも読みごたえがあるのでぜひ。

 

これでいうと、最初の方はソロが長めで、

ギターがメインの楽器ですね。

さらに短いベースソロがあったり、

ゲストが来ていたりします。

 

に対して次の動画はシンセがメイン。

比較的コンパクトで、

歌の魅力が分かりやすい感じになっています。

(座りながらこの声量はすごい)

 

さらにこの曲はツインリードのソロが魅力。

 

ツインじゃないバージョンも披露されていますが、

やはりツインのほうがよさが出せると思います。

 

アレンジ次第で曲のイメージはかなり変わるよ、

というお話でした。

 

ぜひバンドマンの方はいろいろなアレンジでやってみてください。

リスナーの方もアレンジの違いまで分かると面白いかなと思います。

 

それでは。