メタラーの逆襲

雑記系メタラーがエモいことを発信するブログ

コードの力が分かりやすい1曲

今回はコードのこと。

と言ってもそんなに難しくないです。


Official髭男dism - Pretender[Official Video]

 

この曲はやっぱプロデューサーも頑張ったんだろうな。

本気で売り物の音楽をするぞという固い意志を感じる。

 

とくにサビ前のグッバイで無音になるところとか。

あとは「ひと~は~僕じゃない~」のところのベースを聴いて。

下降していますよね、ベース音が。

 

こういうのがリスナーに「ああ、いい曲だな」と

思わせるコードの力ですね。

いかにもJPOPという感じではありますが、

蓄積された音楽は素晴らしい部分も多いのでね。

 

あとは楽器隊が歌うところとか。

そこもいいですし、

よく聴くと鍵盤ソロもありますね。

 

音作りとかもそうですが、

細部まで工夫されています。

 

こだわったJPOPだし本気の曲だと思います。

 

今後エゴを出した音楽をやれるようになったらどういうのが来るか。

その時が楽しみですね。

 

それでは~。