メタラーの逆襲

雑記系メタラーがエモいことを発信するブログ

スキマ時間活用のススメ

こんにちは。今回は私もやっている時間の使い方について書いてみたいと思います。

スキマ時間を有効に使うことで膨大な量のインプットを可能にできますよ。

 

・スキマ時間とはどういう時間か

スキマ時間とは以下のようなものを言います

移動時間

食事中

トイレの時間

風呂の時間

ネットを見ている時間

 

こういったかんじでスキマ時間というのはいくらでも見つけることができます。

 

今回はこの時間を使っていきます。

 

・ではスキマ時間には何をするのがいいか

これに関してですが、いくつかやり方はあると思います。

例えば、移動時間のうち手を使えるときは読書をしています。

そして、手が離せないときは学んだことを定着させるために心の中で確認作業をしています。

こうすることで無駄な時間をなくせますね。

 

・どうやってインプットする情報を見つけるか?

これに関してですが、時事的なネタはニュースサイトなどでサクッとチェックしています。

スマホを使うのは本みたいなスペースを必要としないので、手は使えるけど本を広げられないような状況でやるのがいいと思います。

混んでいるときや水にぬれそうなとき、後はでかい本を持っているときなんかは読書できる場面とできない場面が出てくるので、こういった時間をどう使うかは考えてみたほうがいいかもしれません。

 

また、専門的な内容に関してはやはり書籍からインプットすることが多いです。

また、疑問に思ったことなどは小さいペンを使ってメモしておくのが良いと思います。

あとから振り返ったときにどこまで理解しているかの確認がしやすくなるからです。

 

そして移動中の読書ですが、半透明のプラスチック製のふせんを使うのがおすすめです。

基本的に何回でも貼れるやつを使っています。これを進んだページのところに貼っておけば栞のかわりになります。

 

そして学んだことはできるだけアウトプットしておいた方がいいと思います。

例えば、人に話すとかSNSで書くとか、ブログの記事にしてみるとか。

このブログでも学んだことや覚えておきたいことを書くようにしています。

こういったブログの記事も基本的にはスキマ時間を工夫して使うことによって書いています。

私はだいたい20分から40分くらいで1つの記事をかけるんですが、これも勉強の合間の休憩時間でアウトプットもかねて行っています。

こうやってみると勉強に使える時間ってかなりたくさんありますよね。

みなさんもできるだけたくさん勉強をするようにしてください。

毎日いまより1時間でも多く勉強すれば、イージーモードに突入するのでおススメです。

そういうわけでスキマ時間についてみていきました。

勉強についての記事はほかにもたくさん書いているのでチェックしてみてください。

tommetal.hatenablog.com

暗記するときにオススメな方法3選

こんにちは。前から暗記法については書こうと思っていました。

 

暗記法って実はいろいろなコツがあるし、1本の記事にまとめ切れる量ではないんですね。

だから今回は厳選した3つの方法について書いていきます。他のはまた今度。

 

・青いペンで書く

これは一部の人の間では有名な方法かもしれません。

実は青い色を見ると人は落ち着くんですよね。

街灯が青い光になっているのを見たことがある人もいるかと思いますが、

あれは人を落ち着かせて治安をよくしようというこころみだったりするんですよね。

後は、インクの減った量がかんたんにチェックできるので、自分はこれだけ勉強したんだなぁと実感しやすくなります。

使い終わったペンをとっておくと効果がより大きくなるかもしれません。

 

では赤いペンではダメなのかということなんですけど、別にアリだとは思います。

目立たせたいときとか気分が赤のときとかは使ってもいいと思います。

 

ただ一般的に赤すぎるモノは人のやる気やスコアを下げる傾向にあるとわかっているので、多用はオススメはしません。

ピンポイントで使うくらいがいいと思います。

 

そうはいっても私も結構赤系は好きだったので、ピンクを使うようにしていました。

色による成績の変化ですが、これは心理的な部分の影響が強いと思うので、

「赤じゃない色を使っているし優しい色を使っている」と思うことで、とくに問題もなく赤系の色を使えるかなと思います。

 

・メモリーツリーを使う

モリーツリーとは以下のようなものです。

f:id:tommetal:20181211143046p:plain

こういう感じで唐に関してみていきたいんだったら真ん中らへんに唐をかいて、

その周りに関連項目を書いてネットワークを作るんですね。

こうすると一つの物事を単体で覚えるよりもおぼえやすくなる効果があるのでおススメです。

こうやったら今度はタラス河畔の戦いからまた751年というのを伸ばしていったり、遣唐使から894年廃止と伸ばしていったり、国際色豊かだったところから諸外国のほうに伸ばしていったりといろいろ応用ができるとおもいます。

それぞれをどんどんつなげて強固なネットワークを作ってください。

 

・五感をフルに使う

これも大切なのでここに書いておきます。

皆さんは暗記したいことがあるときに目で追うだけにしていませんか?

実は暗記をするときに目だけで追うのとほかの部分を使うのとでは覚えやすさに違いがあるんです。

例えばですが、目で追いながら音読をするというのはいいと思います。

 

応用としては、

以前にもちょろっと書きましたが、私は青いペンを使って書きながら音読をし、頭の中でメモリーツリーを作りながら、その単語をあまり関係のない他の言葉とも結び付けて覚えています。

こうすることでかなりの確率で覚えられるし、万が一忘れてしまっても結びついているほかの単語を引っ張ってくることができればその言葉を思い出せます。

 

例としては、マレー語でリスという意味の名前がついている動物「ツパイ」に関しては

モグラやリスといった生き物や、ほ乳類ということを結び付けています。

また、もともと霊長類だと考えられていたようなのでそれも頭に入れています。

さらに無関係ではありますが、語感が似ているという理由でドバイやツバルといった名前も結び付けています。

おかげで普段はまったく覚えていなくても、ブログを書こうかなと思ったときにさっと引き出してこれるんです。

こういう感じで覚えていくと多分情報をさっと使えるようにできるので暗記法としてはオススメです。

 

今回は暗記法を見ていきました。また気が向いたら他の暗記方法についても書いていきたいと思います。

勉強に関するほかの記事も書いているのでぜひチェックしてください。

tommetal.hatenablog.com

がっつり勉強したけど結構メリットだらけだった件

最近いろいろあってメチャクチャ勉強量がすごいことになってます。

起きてる間はブログと勉強くらいしかしてませんよホントに。

こんな感じだったから大変だったかといわれるとそうではありません。

・頭の疲労

勉強しまくったことのある人は感じたことがあるかもしれません。

頭をガーっと使った後って適度に疲れが来ますよね。

それでそのままコテンと眠れます。

おかげで快眠です。

だから頭をフルに使うことって結構睡眠にいいかもしれませんね。

 

・勉強したことがブログのネタになる

今日も愚者の金とMaaSのことについて書きましたが、こういったことも最近勉強したことからネタをとっています。

幅広く様々なことについて勉強をすれば飽きも来ないのですごく面白いです。

・意外と集中できる

勉強もある程度継続しているとまったく苦に感じなくなってきます。

なので継続して作業ができます。

やっぱり勉強は趣味にするのにも適してそうですね。

・自分の資産になる

勉強はすればするだけ自分の道具が増えていきます。

だから、物事のとらえかたも増えるし、考えごとがラクになります。

それにこういうところで頑張れるとその頑張りは結構いきてきます。

 

勉強はやっぱりメリットが大きいですね。

もし暇ですることがないといった人や、何か新しく始めてみたいといった人は勉強をしてみるのもいいかもしれません。それでは~。

tommetal.hatenablog.com

MaaSって知ってる?大人なら知っておきたい次世代のモノ・コト

f:id:tommetal:20181210154144p:plain

皆さん、こちらの記事を知っていますか?

総務省|情報通信統計データベース|次世代の交通 MaaS

MaaSとは何の略語かというと

Mobility-as-a-Service の略です。

これは何ぞやというと、

スマホ交通機関の予約や支払いが一括でできる」

ということなんですね。これめっちゃラクそうだしいいですよね。

今の日本ではまだ実現していないシステムなんですが、近いうちに出るだろうなと思われるサービスです。

 

これを使うことで交通機関の利用者の利便性が上がるんですね。

また、多くの情報が交通事業者に集まることにより、より各々にとっていいサービスが出てくる可能性も考えられます。

地方では過疎化が進み、都心では排ガスなどの環境問題がある中、これらの諸問題を解決する可能性もあり期待されています。

 

こんな感じで、次の時代に来るものやためになることを書いていきます。

気になった方は他の記事ものぞいてみてください。

tommetal.hatenablog.com

エモい化学 愚者の金とは何か?<面白い物質>

皆さんは「愚者の金」という物質をご存知ですか?

f:id:tommetal:20181210132624j:plain

愚者の金

この物質は黄鉄鉱という名前のものです。金色に光っていますが、鉄と硫黄からなる化合物なんですね。

化学式ではFeS₂と表されます。様々な鉱山から採掘されるんですが、残念なことに工業的には価値は低いんですよね。

・金とはどう違うのか

金は加熱してもそのままなんですが、この黄鉄鉱を加熱するととんでもない悪臭がします。さらに、この物質は地下水と反応して水質汚染を引き起こしたりもします。

 

結局「金が出た!」と騒がれて終わってしまうので愚者の金とよばれています。

今回は面白い物質を見ていきました。

他にも面白い物質があったら書いていきます。

量産したほうがいいのはわかってるけど...そんなときにおすすめな方法

前回の記事

tommetal.hatenablog.com

は結構読まれた記事になっています。

この記事を見て「量産したい気持ちはあるけどどうしたらいいかわからない」という人も多いと思います。

今回はそんなときにどうしたらいいかを気持ちの面から書いていきます。

・あまり考えずにとりあえず作業に入る

まず、作業が億劫だという人はとりあえず何でもいいから文字を打ったりするのがいいかもしれません。実は、人間は作業を始めて少し時間がたつと苦痛を感じにくくなるということがあるんですね。

だからこういう面倒な気持ちは意外と作業を開始すればなくなったりします。

私も億劫な時はとりあえず眺めるだけでもやるかという気持ちで作業に手を付けるようにしています。

 

・メリットを意識する

これはとても大事です。私は普段から様々なことを勉強していますが、私は普段勉強系の記事を書いたりするので「ブログのネタになるな」と思うわけです。

後は純粋に頭がちょっとずつよくなったり、人に解説したりすれば理解力も得られたりするのでやってみるかという気持ちになったりします。

こういう感じでネタになるなとかためになるなとか、あるいはそういったものが思い浮かばなければ自分にご褒美を用意するとかでもいいんでメリットを作ることが大切です。

・習慣やノルマを定める

これも結構おすすめです。

私は毎日記事を投稿することをノルマにしているので、気分が乗らないときでも必ず記事を書いています。こうすることで作業を継続できたりするんですね。

だんだんブログを書くのも習慣化されてきました。こんな感じで作業を開始すると短時間に記事のアイデアがポンポン浮かんでくるのでやはり取り組み始めてみるというのが大事なんだなと思いますね。

・ながら作業にする

それでもどうしても気分が乗らないときは「ながら作業をする」ということが大切です。

例えば私は気分が乗らないときはYoutubeで音楽を聴いたり、実況動画をつけたりしながら作業をします。

基本的に受動的に楽しめるコンテンツに接している間は手持無沙汰なのでなんか気持ちが落ち着かなくなるのが人の性。

この時間を有効活用しようと思ったり、あるいは好きなことをしながらだったら少し気分が乗らないときでも作業するモードに入れます。

・パターンを決める

ここでいうパターンっていうのは「作業に入る前にすることを決める」というものです。例えば音楽を聴いてから作業するとか、コーヒーを1杯飲んでから作業をすると決めるとか。こういう感じでいつも作業開始するパターンを持っておくのがおすすめです。

 

こんな感じで作業に集中すると量産も可能になってくるかなと思います。

とにかく手を動かすのがいいと思いますね。

今回はここまでにしたいと思います。それでは~。

tommetal.hatenablog.com

質VS.量 結局どっちがいいの?

クリエイティブなことをやってる人もそうでない人も気になるのがこの話題。

「質と量はどっちが大切なのか」について考えていきます。

f:id:tommetal:20181209214552p:plain

 

・質派の意見

いくら量を作っても質が良くないとみてもらえないじゃないか!

だから質のほうが大事だ。

 

みたいなのがこっちの人たちの意見

 

・量派の意見

たくさん作らないとみんなにアピールできない!

とにかく量を作りまくれば当たる確率が上がる。

 

というのがこっちの人の意見

 

・では個人的にどっちがいいと思うか

 

すごく個人的に思うことになってしまいますが、私は質よりも量を重視するほうがいいと思います。特に最初のうちは。

 

・理由

たくさん作ることで発信の力が徐々につき、人々に忘れないでいてもらえる。

逆に間隔を長く開けてしまう人は周りの人に覚えてもらえない可能性が高い。

 

量をたくさんこなすことで、感覚が身についてくる。

そうするとだんだん作ることが楽しくなってくる。

 

そうやってたくさん作っているうちに技術も追いついてくるし、たくさんコンテンツを発信していればそこから人が集まってくるので、本当にいい作品ができたときに広まりやすい。

 

いいものをたくさん作るうちに忙しくなってくるが、たくさん作ることに慣れている人だったらスケジュールを普通にこなすことができる。

最初から質重視でやっているとコンテンツがバズったときに対応できなくなることがある。

 

世の中何が当たるかわからない。だからたくさん作ってたくさん試してたくさん失敗してたくさん分析しているような人が強い。

 

以上のような理由で質よりも量を意識したほうがいいと思います。

結局質というのは量をこなすことで身につくことも多いと思うんですよね。

 

だからとりあえず量産するのがいいと思います。

そして、作った作品などはどんどん発信してください。

tommetal.hatenablog.com

tommetal.hatenablog.com

当ブログでは皆さんが発信力をつけるためにはどうすればいいかについて書いています。

ぜひ参考にしてみてください。

 

tommetal.hatenablog.com