メタラーの逆襲

雑記系メタラーがエモいことを発信するブログ

笑うことの重要性

こんにちは。 なんとか数学などの勉強記事を出していけるようになってきました。 この調子で頑張っていきたいと思います。

ところでなんですが、最近ストレスを感じることが多かったんです。 でも、そういうときに大事なのは「くだらないことで笑う」ことなんだなと実感しました。 もう難しいことを気にしてても閉塞感がするだけなのでわらってやり過ごしたいと思います。

皆さんもつらいことがあったらくだらないことで笑うようにしてみてください。 すこしは楽になるはずです。 それでは。

素数

素数とはどういう数かというと、 「1とその数自身でしか割れない数」ということです。 実際には、2,3,5,7,11,13,17,…などのような数を言います。

素数であり偶数でもあるのは2だけです。 なぜかというと、偶数は2の倍数なので2で割れ、素数の定義にあうのは2だけだからです。 4=2×2だし、6=2×3ですね。 こういう感じで約数が1とその数自身以外にも出てきてしまいますから、2以外の偶数は素数にはなりえません。

つまり2以外の素数は奇数です。ちなみに1は素数ではありません。 1とその数自身、つまり二つの数でしか割れないという定義ですが、1は1でしか割れないので二つの数で割ることができません。 なので素数としては扱いません。もうこれはそういうもんだと「わりきって」考えてください。 (なんつって)

よく似た言葉で「互いに素」という言葉がありますが、 これは二つの数が1以外に公約数を持たないということですから、 素数とは意味が違うということに注意してください。 たとえば10と21は互いに素です。ですが両方とも素数ではありません。 こういったところは勘違いが多いので気を付けてください。

素数は整数のなかでも面白い部分で、多くの人が研究する分野でもあります。 もっと奥深い話もそのうちできたらいいなと思います。 まずは中学でやるようなところからなので、 面白い続きの話はまた今度したいと思います。 それでは。

正の数・負の数

まずは正の数と負の数についてみていきます。

正の数 $$ 1,2,3,4,5,・・・ $$

負の数 $$ -1,-2,-3,-4,-5,・・・ $$

 

こういうものです。

 

数直線であらわすと

f:id:tommetal:20190217021750p:plain

こういう風になります。

分数や小数、ルートがついた数も同様です。

 

そして、数直線上にある0の点を原点とよびます

この原点からの距離を絶対値といい、

$$x≧0のとき |x|=x$$

$$x<0のとき |x|=-x$$

のかたちであらわします。

このxには好きな実数を入れて構いません。

そして、絶対値の本質は原点からの距離を知ることなので、絶対値記号をつけたあとの答えはマイナスの値をとりません。

$$|-3|$$などのようにxが負の数だった場合は

$$|-3|=3$$のように正の数になります。

 

このような感じで中学数学からの復習記事を出していきます。

今回が一応このシリーズの初回です。

簡単なところから始めて数学をマスターしましょう。

それでは。

更新頻度についてのお知らせ

どうもこんにちは。

実に111日にわたって毎日更新をしてきました。

しかし昨日の記事を見てもらえれば分かるように、

ある程度高度な話も増やしていきたいという風に思っています。

そこでいったん更新頻度をへらして記事の質を上げることにしたいと思います。

 

ある程度感覚がつかめたら毎日更新に戻すつもりなので、

しばらくの間お待ちください。

 

このサイトの当初の目的は自分の感じたことや学んだことをアウトプットすることなので、そろそろアウトプットらしいことをしたいと思います。

 

毎日更新をしているとやはり書くのに時間がかかる内容を取り扱えなくなってくるので、試験的に更新頻度を下げます。

 

たまに今までのような内容でも投稿すると思います。

忘れられないくらいのペースでは更新したいと思っているので

よろしくお願いします。

それでは。

サイトマップ(になる予定のモノ)

当サイトでは効率的に学習できるようになるのを目指しています。

時間はかかりますが、項目を増やしていくつもりです。

数学

正負の数

正の数・負の数 - メタラーの逆襲

文字式

方程式

比例・反比例

平面図形

空間図形

 

式の計算

連立方程式

一次関数

証明

確立

 

素数

素数 - メタラーの逆襲

平方根

多項式

2次方程式

相似・合同

三平方の定理

 

三角関数

データと分析

集合

整数問題

 

複素数

図形と方程式

指数関数

対数関数

微分

積分

数列

ベクトル

 

複素数平面

極限

 

行列

解析

 ε‐δ論法

 ダランベールの収束判定

 偏微分

 全微分

 重積分

複素解析

 留数定理

ベクトル解析

常微分方程式

偏微分方程式

フーリエ解析

ラプラス変換

多様体

集合

代数

 

物理

 

化学

 

世界史